WordPress

WordPressで利用しているPHPのバージョンを調べる方法

投稿日:

現在運用中のWordPressサイトのPHPのバージョンを調べるにはQuery Monitorプラグインを利用すると便利です。

WordPressサイトのPHPのバージョンを調べるQuery Monitorプラグイン

最近のレンタルサーバーでは複数のWordPressサイトを運営する際に、それぞれのサイトごとに利用するPHPのバージョンを選択できるようになってきました。

ほとんどのレンタルーサーバーではサーバーにログインしてバージョンをチェックすればわかるのですが、実はWordPressのプラグインでもわかる方法があります。

それがQuery Monitorを利用する方法です。

Query Monitorプラグインの使い方

Query Monitorプラグインを利用するにはWordPressの管理画面から「プラグイン→新規追加」を選択して検索ボックスに「Query Monitor」と入力します。

検索出来たらあとは「インストール」して「有効化」します。
Query Monitorプラグインのインストール画面

WordPressのPHPバージョンの確認

Query Monitorプラグインを有効化したら「プラグイン→インストール済みプラグイン」にある「Query Monitor」の「Settings」をクリックします。
Query MonitorプラグインのPHPバージョン確認画面

ここに出ているのがこの調べたいWordPressで利用しているPHPのバージョンです。

まとめ

WordPressサイトで利用しているPHPのバージョンが知りたい場合はQuery Monitorプラグインを利用すると簡単に調べることができます。

以上、WordPressで利用しているPHPのバージョンを調べる方法でした。

スポンサーリンク

-WordPress
-

Copyright© ソフトウェア開発日記 , 2019 All Rights Reserved.