WordPressで利用しているPHPのバージョンを調べる方法

現在運用中のWordPressサイトのPHPのバージョンを調べるにはQuery Monitorプラグインを利用すると便利です。

スポンサーリンク

WordPressサイトのPHPのバージョンを調べるQuery Monitorプラグイン

最近のレンタルサーバーでは複数のWordPressサイトを運営する際に、それぞれのサイトごとに利用するPHPのバージョンを選択できるようになってきました。

ほとんどのレンタルーサーバーではサーバーにログインしてバージョンをチェックすればわかるのですが、実はWordPressのプラグインでもわかる方法があります。

それがQuery Monitorを利用する方法です。

Query Monitorプラグインの使い方

Query Monitorプラグインを利用するにはWordPressの管理画面から「プラグイン→新規追加」を選択して検索ボックスに「Query Monitor」と入力します。

検索出来たらあとは「インストール」して「有効化」します。
Query Monitorプラグインのインストール画面

WordPressのPHPバージョンの確認

Query Monitorプラグインを有効化したら「プラグイン→インストール済みプラグイン」にある「Query Monitor」の「Settings」をクリックします。
Query MonitorプラグインのPHPバージョン確認画面

ここに出ているのがこの調べたいWordPressで利用しているPHPのバージョンです。

まとめ

WordPressサイトで利用しているPHPのバージョンが知りたい場合はQuery Monitorプラグインを利用すると簡単に調べることができます。

以上、WordPressで利用しているPHPのバージョンを調べる方法でした。

WordPress
スポンサーリンク
色白おばけをフォローする

SEOに強いおすすめWordPressテーマ

THE THOR(ザ・トール)は、SEO・デザイン・機能の3拍子揃った国内最高峰のWordPressテーマです。
ザ・トールは、国内トップクラスのWEBデザイナー・SEOコンサルタントであるFITが長年培ってきたノウハウのすべてを注ぎ込んだ国内最高峰のWordPressテーマです。
【ザ・トールの特徴】

  1. 圧倒的にSEOに強く、抜群に上位表示されやすい
  2. おしゃれで美しいデザイナーズサイトが簡単に作れる
  3. アクセスUP、収益UPを強力に後押しする「集客・収益化支援システム」を搭載

「賢威(ケンイ)」は、SEO業界で圧倒的な実績を持つ京都のWebプランニングチーム「ウェブライダー」が、そのノウハウを余すことなく詰め込んだ、SEOテンプレートパックです。
2007年1月に発売して以来、上場企業や中小企業のWeb担当者、個人起業家、アフィリエイターやブロガーなど、2万を超えるユーザーに利用されています。
賢威の特徴

  1. SEOテンプレート(HTML版 / WordPress版)、200ページを越えるSEOマニュアル、サポートフォーラムの利用権がセット
  2. ウェブライダーがもつ検索で上位表示させるためのノウハウが注ぎ込まれている
  3. コンテンツマーケティング、セールスページ、ブログなど幅広い用途に使える
  4. 賢威ユーザー限定のサポートフォーラムがあり、フォローが充実している
  5. 最新の賢威へのバージョンアップは原則無料

BRIDGEは記事コンテンツの価値を高め広告収入をUPさせる新しいアフィリエイト専用WordPressテーマです。ランキング・比較・口コミ・レビューサイトなど、アフィリエイトに特化して開発された「BRIDGE」は、検索者と有益な商品・サービスを提供する事業者との架け橋となり本物の価値あるコンテンツを配信するアフィリエイターの広告収入をアップさせます。

ソフトウェア開発日記
タイトルとURLをコピーしました