WordPress

ロリポップでWordPressサイトを無料SSL化する方法

投稿日:

最近ではサイトをSSL化していないと検索順位が落ちるとかブラウザーによっては「保護されてません」などとメッセージが出るなど、サイトをSSL化する流れになっています。

ロリポップレンタルサーバーではWordPressをSSL化のは難しくないのでこれを機会にSSL化を進めましょう。

ロリポップでWordPressサイトを無料SSL化する

ロリポップでは無料のSSL証明証「Let's Encrypt」を使って簡単にWordPressサイトをSSL化することができます。

SSLとは
Secure Sockets Layerの略。インターネット上で情報を暗号化し安全な通信を提供するプロトコル。

ロリポップの管理画面で独自SSLを設定する

先ず、ロリポップの管理画面にログインして「セキュリティー」→「独自SSL証明書導入」を選択します。

選択すると「独自SSL(無料)」という欄がありそこに「SSL保護されていないドメイン」というタブがあるので選択します。

するとまだSSL化されていないドメインが表示されるので、チェックをつけて設定ボタンを押します。

設定後すぐは「SSL設定作業中」になります。

5分ほどすると「SSL保護有効」となり「SSLで保護されているドメイン」に移動されます。

WordPressの管理画面でURLをhttpsに変更する

今度はSSL化したいWordPressの管理画面から「設定」→「一般」を選択します。

そこにある「WordPress アドレス (URL)」と「サイトアドレス (URL)」を「http」から「https」に変更しいて保存します。

注意

ロリポップのSSL作業が終了(「SSL保護有効」になってから)後作業を行ってください。
終了前に作業をすると管理画面にアクセスできなくなります。(「SSL保護有効」になるとアクセスできるようになります。)

ロリポップFTPで.htaccessを編集する

このままでは「https」でサイトにアクセスするとHTTP403エラー「指定されたページへのアクセスは禁止されています」が表示されます。

そこで今度はロリポぷFTPからサイトのトップフォルダーにアクセスしてそこにある「.htaccess」に以下の行を追加します。

注意

「.htaccess」を編集する前に必ずバックアップを取って作業を行ってください。
最悪サイトにアクセスできなくなります。

まとめ

レンタルサーバーロリポップでWordPressサイトを無料SSL化するのは難しくありません。

サイトの安全性をアピールするためにもできるだけ早くSSL化を行いましょう。

以上、「ロリポップでWordPressサイトを無料SSL化する方法」でした。

当サイトのおすすめ記事

パソコン 1

初心者でも失敗しないレンタルサーバーの選び方ですが、最近ではブログを立ち上げて、そこから広告収入を得る「アフィリエイト」が随分一般的になりました。 私の周りでも実際にやっている人が多くいます。 アフィ ...

プログラミング 2

SQLでIFを書けばWHERE句の内容を変えて検索できますが、条件ごとに同じようなSQLを 複数回書くのは面倒なので、1行で分岐できないかと言う事でSQLを作って見ました。 SQLでIFを使わずに条件 ...

SQLServer 3

SQLServerで発生するエラーコードをSQLで取得する SQLServerで発生したエラーコードの内容を メッセージが定義されているテーブルから取得します。 エラーコードを取得するSQL SQLs ...

4

SQLServerでは「ユーザー定義型」と呼ばれる独自のテーブル型をした戻り値を返す関数を作成することができます。 その作り方と使い方を解説します。 SQLServerでテーブル型を戻り値とする関数を ...

5

アフィリエイトでいきなり成果を出すのは難しいです。 でも、成果がないとレンタルサーバー代やドメイン代がペイできません。 しかも長い間、結果がでないとやる気もなくなってしまいます。 そういったことを防ぐ ...

-WordPress
-

Copyright© ソフトウェア開発日記 , 2018 All Rights Reserved.