WordPress

Stinger3にアドセンス規約違反があるかも?

投稿日:2014/03/17 更新日:

Stinger3にアドセンス規約違反があるかも?

このサイトでも利用させてもらっているWordPressの無料テーマ「Stinger3」ですが、ちょっと気になることがあったので、書きます。

アドセンスのポリシー自体あまり理解できていないので問題無いのかもしれません・・・。

エラーページでの誤解を招く広告配置はダメ

今朝、アドセンスの広告の配置に関するポリシーをみていると


コンテンツを含まないページ
(手続き完了ページ、エラー ページ、離脱ページなど)に広告を掲載することは許可されません。
このようなページは、訪問者がドメインから離脱する可能性がある際、場合によっては購入やダウンロードなど、サイト上で特定のアクションを
実行した後に表示されます。
エラーページには、そのページにコンテンツがないことをユーザーに知らせる 404 エラー ページなどがあります。
この種のページに広告を掲載すると、広告が実際のコンテンツだと誤解されてしまう可能性があるため、広告を掲載されないようお願いいたします。
手続き完了ページ、離脱ページ、エラー ページでの誤解を招く広告配置

これを見て、Stinger3を導入して始めてエラーページにアクセスして見ました。

アドセンス広告表示されてます

ページの最後と、サイドバーにGoogleAdsenseの広告出てます。
良いのかなぁ・・・?
ちょっと怖いので、修正することにしました。

404.phpを編集します

まずは「外観」→「テーマの編集」から「404.php」を選択します。
ページの最後でアドセンスを表示している

を削除しました。

次に「外観」→「テーマの編集」から「sidebar.php」を選択し、サイドバーの上部でアドセンスを表示している部分をエラーページの時だけ出さないように

としました。

は「404ページでなかったら」ということです。

これで「エラーページ(404)」時は広告でないようになりました。

本当にダメなのかどうかはわかりませんが、ビビリなんで・・・。

<<2014/03/28追記>>
Stinger3のダウンロードサイト【重要】 STINGER3_ver20130327をUPしました
対応版がリリースされました。
こちらをご利用ください。

当サイトのおすすめ記事

パソコン 1

初心者でも失敗しないレンタルサーバーの選び方ですが、最近ではブログを立ち上げて、そこから広告収入を得る「アフィリエイト」が随分一般的になりました。 私の周りでも実際にやっている人が多くいます。 アフィ ...

プログラミング 2

SQLでIFを書けばWHERE句の内容を変えて検索できますが、条件ごとに同じようなSQLを 複数回書くのは面倒なので、1行で分岐できないかと言う事でSQLを作って見ました。 SQLでIFを使わずに条件 ...

SQLServer 3

SQLServerで発生するエラーコードをSQLで取得する SQLServerで発生したエラーコードの内容を メッセージが定義されているテーブルから取得します。 エラーコードを取得するSQL SQLs ...

4

SQLServerでは「ユーザー定義型」と呼ばれる独自のテーブル型をした戻り値を返す関数を作成することができます。 その作り方と使い方を解説します。 SQLServerでテーブル型を戻り値とする関数を ...

5

アフィリエイトでいきなり成果を出すのは難しいです。 でも、成果がないとレンタルサーバー代やドメイン代がペイできません。 しかも長い間、結果がでないとやる気もなくなってしまいます。 そういったことを防ぐ ...

-WordPress
-, , ,

Copyright© ソフトウェア開発日記 , 2018 All Rights Reserved.