WordPress

WordPressのサイトマップ(sitemap.xml)作成用プラグイン「Google XML Sitemaps」をインストールしました。

投稿日:2013/06/04 更新日:

サイトを立ち上げて1年以上が経過している段階で初めて「Googleウェブマスターツール」を設定して使えるようにしました。

すると「サイトマップ(sitemap.xml)が無い」とエラーに。
せっかく「Googleウェブマスターツール」を設定したのにこれではもったいないのでWordPressで作成されているサイトのSitemapを自動で作成してくれるプラグイン「Google XML Sitemaps」をインストールしました。

1.インストール方法

1.1.管理画面からインストール

プラグインの管理ページから「新規追加」で「Google XML Sitemaps」と入力しインストールします。

2.使用方法

2.1.Sitemapの作成

プラグインを有効化すると「設定」のところに「XML-Sitemap」と言うメニューが増えていると思います。

WordPressをドメインのルートフォルダーインストールしている場合は「サイトマップファイルの設定場所」は「自動検出」で良いと思います。

そうでない場合は「手動配置」で設定する必要があるのかもしれませんが、やっていなので詳細はわかりません。

これを設定していれば、記事を追加したり変更したりすると自動でSitemapも更新されます。

2.2.Googleウェブマスターツールでの設定

「Googleウェブマスターツール」では「サイトマップ」の項目で「サイトマップを追加」をクリックすれば、サイトマップが登録されます。

結果でエラーがないかどうかも必ず確認して下さい。
設定がおかしく「見つからない」というエラーになったりしている場合があります。

2.3.注意事項

この「Sitemap」はGoogleなどの検索エンジンが利用するもので、人が見るものではありません。
人が見る「Sitemap」を自動に作成したい場合はWordPressプラグインの「PS Auto Sitemap」などを利用する必要があります。

スポンサーリンク

当サイトのおすすめ記事

パソコン 1

初心者でも失敗しないレンタルサーバーの選び方ですが、最近ではブログを立ち上げて、そこから広告収入を得る「アフィリエイト」が随分一般的になりました。 私の周りでも実際にやっている人が多くいます。 アフィ ...

プログラミング 2

SQLでIFを書けばWHERE句の内容を変えて検索できますが、条件ごとに同じようなSQLを 複数回書くのは面倒なので、1行で分岐できないかと言う事でSQLを作って見ました。 SQLでIFを使わずに条件 ...

SQLServer 3

SQLServerで発生するエラーコードをSQLで取得する SQLServerで発生したエラーコードの内容を メッセージが定義されているテーブルから取得します。 エラーコードを取得するSQL SQLs ...

4

SQLServerでは「ユーザー定義型」と呼ばれる独自のテーブル型をした戻り値を返す関数を作成することができます。 その作り方と使い方を解説します。 SQLServerでテーブル型を戻り値とする関数を ...

5

アフィリエイトでいきなり成果を出すのは難しいです。 でも、成果がないとレンタルサーバー代やドメイン代がペイできません。 しかも長い間、結果がでないとやる気もなくなってしまいます。 そういったことを防ぐ ...

-WordPress
-,

Copyright© ソフトウェア開発日記 , 2018 All Rights Reserved.