SEO対策

SEOに効果的なcanonical(カノニカル)の使い方

投稿日:2018/11/06 更新日:

canonical(カノニカル)とは、重複したページなどが存在する場合に正式なURLを検索エンジン側に伝えるためのlink要素の属性値です。
canonical(カノニカル)の利用方法を間違えるとSEO的に不利に働くので理解して正しく利用しましょう。

重複したURLの解決は重要課題

Google Search ConsoleのHelpにも以下の記述があります。

重複したURLを統合するcanonical(カノニカル)タグ


お持ちのサイトにおいて、1つのページに複数のURLでアクセス可能な場合や、別個のページのコンテンツが類似している場合(たとえば、ページにモバイル版とPC版の両方がある場合)は、そのページについて、どのURLが正式なもの(「正規」)であるかをGoogleに伝える必要があります。このような正規 URL を明確に指定しないと、Google によって任意の URL が選択されるか、いずれの URL も同等の重要性を持つものと見なされることになります。

重複ページが生成される原因

重複ページが生成される原因は以下のようなものがあります。

  1. サーバーの設定により、www ありと www なし、http と https のような類似バージョンに対して同じコンテンツが配信される場合
  2. PCやスマートフォンなどの複数の端末種類に対応するためそれぞれのページ投稿した場合
  3. ミスなどで同一のページを複数回投稿した場合

canonical(カノニカル)の使い方

canonical(カノニカルはHTML上の<head>タグに以下のように記述します。

canonical(カノニカル)の注意点

canonical(カノニカルは以下のことに注意して利用します。

  • 指定するURLはアクセスできる(実在する)URLにする
  • <head>タグに記述する(<body>タグに書いても効果がない)
  • canonical(カノニカル)を複数回指定しない
  • URLは絶対パスで指定する

当サイトのおすすめ記事

パソコン 1

初心者でも失敗しないレンタルサーバーの選び方ですが、最近ではブログを立ち上げて、そこから広告収入を得る「アフィリエイト」が随分一般的になりました。 私の周りでも実際にやっている人が多くいます。 アフィ ...

プログラミング 2

SQLでIFを書けばWHERE句の内容を変えて検索できますが、条件ごとに同じようなSQLを 複数回書くのは面倒なので、1行で分岐できないかと言う事でSQLを作って見ました。 SQLでIFを使わずに条件 ...

SQLServer 3

SQLServerで発生するエラーコードをSQLで取得する SQLServerで発生したエラーコードの内容を メッセージが定義されているテーブルから取得します。 エラーコードを取得するSQL SQLs ...

4

SQLServerでは「ユーザー定義型」と呼ばれる独自のテーブル型をした戻り値を返す関数を作成することができます。 その作り方と使い方を解説します。 SQLServerでテーブル型を戻り値とする関数を ...

5

アフィリエイトでいきなり成果を出すのは難しいです。 でも、成果がないとレンタルサーバー代やドメイン代がペイできません。 しかも長い間、結果がでないとやる気もなくなってしまいます。 そういったことを防ぐ ...

-SEO対策
-, , ,

Copyright© ソフトウェア開発日記 , 2018 All Rights Reserved.