レンタルサーバー

初心者でも失敗しないレンタルサーバーの選び方

投稿日:2018/05/23 更新日:

初心者でも失敗しないレンタルサーバーの選び方ですが、最近ではブログを立ち上げて、そこから広告収入を得る「アフィリエイト」が随分一般的になりました。

私の周りでも実際にやっている人が多くいます。

アフィリエイトを始めようとすると「ブログ」が必要になるのですが、そうなると迷うのがそのブログをどこに立ち上げるのかですね。

基本的には無料ブログもたくさんありますし、今ではそんなに遜色ないサイトを立ち上げることができますが、どうしても細かい設定やできなかったり、制限があったりして最終的には窮屈なブログ運営になってきます。

なので、どうせ立ち上げるならやはり自分でWordPressを使って立ち上げた方が後々何とかしやすい。

でも最初は「レンタルサーバー借りるのどうするの?」とか「ドメインって何?」って不安が先立ちます。

そこで、今回は初心者がWordPressでブログを始めるにはどうしても必要なレンタルサーバーの選び方をまとめておきます。

初心者でも失敗しないレンタルサーバーの選び方

さて、レンタルサーバーをググってみると本当にたくさんのレンタルサーバー会社が出てきます。

実際、どれを選んでいいのかよくわからないですよね?

安いのがいいのか、容量が大きなのがいいのか・・・?

でもWordPressでブログ立ち上げるなら次のことに注意してレンタルサーバーを決めれば、大きな失敗はしません。

WordPressが簡単にインストールできる仕組みを採用したレンタルサーバーを選ぶ

まず、注目するのは目的の「WordPress」のインストールできるか?です。

でも、実はここは最近のレンタルサーバーではあまり問題にならなくなってきました。

どのレンタルサーバーでもほぼ1クリックでWordPressがインストールできる仕組みを準備しています。
(逆に簡単にインストールできる環境のないレンタルサーバーの方が珍しい。)

なので、あまり気にすることはないでしょう。

WordPressの表示速度が速いSSDを採用したレンタルサーバーを選ぶ

この「WordPressの表示速度」をあなどってはいけません。

実際、ページを表示するのに3秒かかるとユーザーはサイトから離れると言われます。

せっかく訪問してくれたユーザーがサイトを読まずに離脱してしまいます。

それを避けるにはWordPressのサイトの表示速度を上げておくことが重要です。

そのために着目する点が2つ。

1つ目はディスクの種類。

最近では安価なレンタルサーバーでもSSDという記憶媒体を利用するレンタルサーバーが増えてきました。

ポイント

SSD(Solid State Drive)とは、フラッシュメモリとも呼ばれる半導体メモリの一種で、高速、省電力、小型・軽量、耐衝撃性などの特徴があります

つまり通常のハードディスク(HDD)を利用したレンタルサーバーよりもSSDを利用したレンタルサーバーの方がアクセスは速いことになります。

次に速度に関わるのは「回線スピード」です。

これはWordPressの設定や記事の書き方でどうしようもできない範疇なので、最初から速い回線速度のレンタルサーバーを選ぶ必要があります。

独自SSLが無料で使えるレンタルサーバーを選ぶ

この独自SSLですが、最近はこれができないとGoogleなどの検索エンジンから検索順位を下げらることもあるようです。

SSLを簡単に説明するとは皆さんが作るWordPressサイトと訪問してきたユーザーとの間の通信を暗号化して、改ざんや盗聴を防ぐ技術です。

以前はSSLを実現するには証明書を発行してもらうためにお金が必要でしたが、現在では多くのレンタルサーバーがLet's Encryptなどの無料証明書を使ってSSLを利用できるようにしています。

安定して稼働しているレンタルサーバーを選ぶ

最後に安定して稼働しているレンタルサーバーを選びます。

最近ではどこもほぼ安定稼働しているサーバーが多いですが、中にはよく「知らぬ間にこけてる」レンタルサーバーもあります。

よくこけるサーバーはユーザーのアクセスを逃してしまうので、注意が必要です。

当サイトのおすすめレンタルサーバー

ここまで初心者が失敗しないレンタルサーバーの選び方を見てきましたが、実際どのレンタルサーバーがその条件に当てはまるのか、いくつか挙げておきます。

エックスサーバー

エックスサーバーは各方面のアフィリエイターからも人気が高く、多くのサイトが運営されています。
エックスサーバー
ディスクもSSDですし、独自SSLも無料。しかも回線が他に類がないほど速い。

おすすめレンタルサーバーです。

月額費用 900円(税抜)~
初期費用 3,000円(税抜)
ディスク 200GB~
独自SSL 0円
公式サイト

mixhost

mixhostは全てのプランでSSDが採用されており、しかもWEBサーバーには高速と言われるLiteSpeedが採用されています。
mixhost
当サイトも実はmixhostで運用しています。

mixhostに切り替えて約1年が経ちましたが大きなトラブルもなく、高速でサイトが表示されて非常に満足度の高いサーバーです、

月額費用 880円(税抜)~
初期費用 0円
ディスク 40GB~
独自SSL 0円
公式サイト

wpX

wpXはWordPress運営のみに特化したレンタルサーバーです。
wpx
高速WEBサーバー「Nginx」や次世代通信プロトコル「HTTP/2」など、豊富なWordPress運用実績に基づいた様々な高速化技術の導入されています。

月額費用 1,000円(税抜)~
初期費用 5,000円(税抜)
ディスク 30GB
独自SSL 0円
公式サイト

まとめ

WordPressサイトの運営はそれほど難しくはありません。

しかし、最初に選択するレンタルサーバーを間違えると、サイトの引っ越しは面倒です。

きちんと最初から良いレンタルサーバーを選択しましょう。

以上、初心者でも失敗しないレンタルサーバの選び方でした。

当サイトのおすすめ記事

パソコン 1

初心者でも失敗しないレンタルサーバーの選び方ですが、最近ではブログを立ち上げて、そこから広告収入を得る「アフィリエイト」が随分一般的になりました。 私の周りでも実際にやっている人が多くいます。 アフィ ...

プログラミング 2

SQLでIFを書けばWHERE句の内容を変えて検索できますが、条件ごとに同じようなSQLを 複数回書くのは面倒なので、1行で分岐できないかと言う事でSQLを作って見ました。 SQLでIFを使わずに条件 ...

SQLServer 3

SQLServerで発生するエラーコードをSQLで取得する SQLServerで発生したエラーコードの内容を メッセージが定義されているテーブルから取得します。 エラーコードを取得するSQL SQLs ...

4

SQLServerでは「ユーザー定義型」と呼ばれる独自のテーブル型をした戻り値を返す関数を作成することができます。 その作り方と使い方を解説します。 SQLServerでテーブル型を戻り値とする関数を ...

5

アフィリエイトでいきなり成果を出すのは難しいです。 でも、成果がないとレンタルサーバー代やドメイン代がペイできません。 しかも長い間、結果がでないとやる気もなくなってしまいます。 そういったことを防ぐ ...

-レンタルサーバー

Copyright© ソフトウェア開発日記 , 2018 All Rights Reserved.