よしなしごと

親父のようになれてるか

投稿日:2014/04/15 更新日:

親父が好きでしたか?

私は幼稚園のころ親父のことがあまり好きではなかった。
理由は「大工だから」。
家族写真

なぜ「大工」はいやだったのか

友達のお父さんは「会社に行く」けど親父は「現場に行く」。
友達のお父さんは「ネクタイにスーツ」だけど親父は「作業服」。
「なぜお父さんはサラリーマンになって会社に行ってくれないのか?」
ずっと思っていた。

毎年、新学年で出す書類・・・「親の仕事の住所や電話番号」を
記入してもらうにも「お父さんは『会社』じゃなく『現場』だからなぁ、
住所も電話番号もないわ。(笑)」と。
「他の家の人はちゃんと書いてるのに・・・」と涙目。
これが毎年の新学年の風物詩。

そんな思いを持ちながら中学の夏を迎えた。

その親父を尊敬するきっかけは

「夏休み、家で遊んでるなら現場に来て手伝え。小遣いやるから」と親父。
あまり乗り気ではなかったが「まぁ、仕方ないな」ということで2週間の
約束で現場へ。

毎朝5時半に起きて6時出発、夜6時まで。

仕事は本当に雑用。掃除したり、釘を打ちつけるまで板を
抑えていたり。
でもこれが結構大変。
重たいし、肩痛いし、腰も腕も痛い。

でも自分より背の低い親父は、軽々と材料を持ち上げ起用に
片手で押さえ、もう片方でカナヅチをトントンと。

自分が1枚しか持てない板も、3枚も4枚も持って鼻歌交じりで
材料運び。

材料に鉛筆で線を引いてノコギリでちゃっちゃと切っていく。
切った木と木が「ピタッ」と寸分の狂いもなく組み合わさっていく。

その仕事している姿を見て「毎日1人でこんな大変なことを
何十年とやって自分を育ててくれているのか。
大工・・・すごい仕事じゃん。」と
思わず今まであまり好きではなかった親父を心から『尊敬』し、
「このお父さんの子供でよかった。」と感謝。

それからは親父が「自分の尊敬する人」になり
「大好き」に「自慢の父親」になった。

「自分の大人になったら親父のような人間になって、自分の
子供たちにも『尊敬』される父親になろう!!」と誓った。

はたして自分は親父のようになれているか?

今年、自分の子供が中学生。親父も70歳過ぎ。
私は父親のように『尊敬』されるような父親になれたのだろうか?
自分の仕事に誇りをもって取り組めているのだろうか?

もう少し親父のようになるには『がんばり』が必要かもしれない。
明日からも頑張ろう・・・。

当サイトのおすすめ記事

パソコン 1

初心者でも失敗しないレンタルサーバーの選び方ですが、最近ではブログを立ち上げて、そこから広告収入を得る「アフィリエイト」が随分一般的になりました。 私の周りでも実際にやっている人が多くいます。 アフィ ...

プログラミング 2

SQLでIFを書けばWHERE句の内容を変えて検索できますが、条件ごとに同じようなSQLを 複数回書くのは面倒なので、1行で分岐できないかと言う事でSQLを作って見ました。 SQLでIFを使わずに条件 ...

SQLServer 3

SQLServerで発生するエラーコードをSQLで取得する SQLServerで発生したエラーコードの内容を メッセージが定義されているテーブルから取得します。 エラーコードを取得するSQL SQLs ...

4

SQLServerでは「ユーザー定義型」と呼ばれる独自のテーブル型をした戻り値を返す関数を作成することができます。 その作り方と使い方を解説します。 SQLServerでテーブル型を戻り値とする関数を ...

5

アフィリエイトでいきなり成果を出すのは難しいです。 でも、成果がないとレンタルサーバー代やドメイン代がペイできません。 しかも長い間、結果がでないとやる気もなくなってしまいます。 そういったことを防ぐ ...

-よしなしごと
-,

Copyright© ソフトウェア開発日記 , 2018 All Rights Reserved.