HTML-順序付きリスト表現するol、liタグ

プログラミング HTML

HTMLで順序付きリストにはol、liタグを使用します。

スポンサーリンク

単純な順序付き

標準的な順序付きリスト表現です。

    <ol>
        <li>項目1</li>
        <li>項目2</li>
        <li>項目3</li>
   </ol>

以下が表示例。

  1. 項目1
  2. 項目2
  3. 項目3

項目の番号をtype属性で指定できます。

数字指定「type=”1″」

    <ol type="1">
        <li>項目1</li>
        <li>項目2</li>
        <li>項目3</li>
    </ol>

以下が表示例。

  1. 項目1
  2. 項目2
  3. 項目3

アルファベット大文字指定「type=”A”」

    <ol type="A">
        <li>項目1</li>
        <li>項目2</li>
        <li>項目3</li>
    </ol>

以下が表示例。

  1. 項目1
  2. 項目2
  3. 項目3

アルファベット小文字指定「type=”a”」

    <ol type="a">
        <li>項目1</li>
        <li>項目2</li>
        <li>項目3</li>
    </ol>

以下が表示例。

  1. 項目1
  2. 項目2
  3. 項目3

ローマ数字大文字指定「type=”I”」

    <ol type="I">
        <li>項目1</li>
        <li>項目2</li>
        <li>項目3</li>
    </ol>

以下が表示例。

  1. 項目1
  2. 項目2
  3. 項目3

ローマ数字子文字指定「type=”i”」

    <ol type="i">
        <li>項目1</li>
        <li>項目2</li>
        <li>項目3</li>
    </ol>

以下が表示例。

  1. 項目1
  2. 項目2
  3. 項目3
スポンサーリンク
スポンサーリンク
HTML
このサイトをフォローする
スポンサーリンク
ソフトウェア開発日記
タイトルとURLをコピーしました