Googleの推奨するE-A-T(EAT)とは

GoolgeはWEB検索の順位決定の指針の1つにユーザーの問題を解決するためのコンテンツを求めており、その中で「E-A-T(EAT)」と呼ばれる概念を採用しています。

EATは

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

の頭文字をとった言葉で、そのサイトが専門的で書いた人物がその分野で権威を持っており、信頼できるサイトなのかを判断して検索順位決定のパラメータとして利用しています。

スポンサーリンク

Googleの推奨するE-A-T(EAT)とは

Googleは以前よりサイト(記事)運営に求める重要なこととして「E-A-T(EAT)」を求めています。

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

のことで、Google検索エンジンは

  • 専門性に特化したサイト
  • 誰もが認める権威性(誰が書いたか)が明確なサイト
  • コンテンツの信頼性の高いサイト

を検索上位に表示させる傾向があります。

以下のGoogleの文章に下記のように出てきます。

(原文)
For all other pages that have a beneficial purpose, the amount of expertise, authoritativeness, and trustworthiness (E-A-T)
is very important. Please consider:
● The expertise of the creator of the MC.
● The authoritativeness of the creator of the MC, the MC itself, and the website.
● The trustworthiness of the creator of the MC, the MC itself, and the website.
(訳)
有益な目的、専門知識の量、信頼性、および信頼性のある他のすべてのページ(E-A-T)
はとても重要です。考えてください:
●メインコンテンツの作成者の専門知識。
●メインコンテンツの作成者、メインコンテンツ自体、およびWebサイトの権限。
●メインコンテンツの作成者、メインコンテンツ自体、およびWebサイトの信頼性。

つまりGoogleの検索エンジンで上位に表示してもらうにはこの「E-A-T(EAT)」を意識して記事を書く必要があるということです。

専門性

専門性は文字通りその記事に関してどれだけの専門性を持っているか。

専門分野であれば自然と詳しく書けるといことですね。

これは自分の仕事のことや、趣味のことなどで細部まで理解していることに関するサイトを立ち上げた方が有利ということになります。

そうすることで無理なく専門的なサイトを構築していくことができますね。

権威性

権威性はそのサイト(記事)を誰が書いたかということです。

Googleはその記事を書いた人が当該の分野で他者より優れた知名度、ブランドを持った人が書いたものを検索上位にしますよ、ということですね。

よくある「あの人が書いた(いう)のだから間違いないよね」といったような安心感を求められています。

信頼性

信頼性はそのサイトが信頼できるかどうかです。

要するに「書いてる内容に嘘、偽りはないよね」ってことですね。

これは誠実にサイト(記事)を書いていくしかないですね。

まとめ

以前のようにキーワードを詰め込んで文字数を稼げば、検索上位にランクインされるような時代は終わったようです。

この「E-A-T(EAT)」はすぐに築けるものではありませんが、日々少しずつやって行くしかありません。

良い記事を数多く手掛けることで真の「E-A-T(EAT)」を手に入れることができるのだと思います。

以上、Googleの推奨するE-A-T(EAT)とはでした。

タイトルとURLをコピーしました