CSS全般

スタイルシートの書き方

投稿日:

スタイルシートの基本書式

スタイルシート(Cascading Style Sheet, CSS)の基本書式は

ポイント
セレクター { プロパティ : 値 ; }

のように「セレクター」「プロパティ」「値」の3つの要素から成り立ちます。

セレクター
スタイルを適用する対象
プロパティ
指定するスタイルの属性(色、文字の大きさなど)
スタイルの属性の値

1つのセレクターに複数の値を設定する場合は以下のようにまとめて記述することができます。

ポイント
セレクター {
       プロパティ1 : 値1 ;
       プロパティ2 : 値2 ;
       }

また同じ値を複数のセレクターに設定したい場合はセレクターを以下のようにグループ化します。

ポイント
セレクター1,セレクター2,セレクター3 {
       プロパティ1 : 値1 ;
       プロパティ2 : 値2 ;
       }

実際には

のように記述します。

当サイトのおすすめ記事

パソコン 1

当サイトは約5年間、さくらのレンタルサーバで運用させて頂きました。 何かトラブルがあったわけではないのですが、WordPressの表示速度を速くしたくてSSD搭載のレンタルサーバーで運用してみることに ...

プログラミング 2

Contents1 SQLでIFを使わずに条件分岐する1.1 1.テーブルとデータの準備1.2 2.条件を分岐させて検索1.3 3.解説 SQLでIFを使わずに条件分岐する SQLでIFを書けばWHE ...

SQLServer 3

SQLServerで発生するエラーコードをSQLで取得する SQLServerで発生したエラーコードの内容を メッセージが定義されているテーブルから取得します。 エラーコードを取得するSQL SQLs ...

4

Contents1 SQLServerでテーブル型を戻り値とする関数を作る1.1 テーブル型を戻り値とする関数の作成1.2 呼び出しかた SQLServerでテーブル型を戻り値とする関数を作る SQL ...

5

Contents1 アフィリエイトで即効成果を出す1.1 自分で買えば確実に成果が上がる1.2 A8.netでは自分で購入してもOKなものがある1.2.1 A8.netにサイトを登録する1.2.2 承 ...

-CSS全般
-

Copyright© ソフトウェア開発日記 , 2017 All Rights Reserved.