C言語の基本

WindowsにEclipse(for C/C++)でC/C++言語開発環境を作成する

投稿日:

Windowsに統合環境(IDE)のEclipseをインストールしてC言語および/C++の開発環境を作成します。

最近は開発から少し離れていたということもあり、何か簡単なプログラムでも作ってみようということで、昔懐かしいC言語の開発環境を探しました。

できるだけ開発環境作成に手間とお金ををかけたくなかったので今回はEclipse(for C/C++)でC言語の開発環境を構築することにしました。

開発環境作成にあたり、下記の記事を参考にEclipse(for C/C++)のインストールを進めました。

Eclipse(for C/C++)をインストールして Hello World まで

統合環境(IDE)Eclipseとは

IBMによって開発された統合開発環境 (IDE) の一つで高機能ながらオープンソースであり、Javaをはじめとするいくつかの言語に対応し、人気の高いIDEです。

Eclipse(for C/C++)のダウンロード

Eclipse(for C/C++)は以下のサイトにアクセスしてダウンロードします。

Pleiades All in One Eclipse ダウンロード

今回は「Windows 64bit」の「Full Edition」をダウンロードします。
Eclipse(for C/C++)ダウンロードファイル選択

ダウンロードが完了するとダウンロードフォルダーに「pleiades-2018-12-cpp-win-64bit-jre_20181224.zip」というファイルが作成されています。

Eclipse(for C/C++)のインストール

Eclipse(for C/C++)のインストールするにはダウンロードした「pleiades-2018-12-cpp-win-64bit-jre_20181224.zip」を展開します。

注意事項としてはEclipseのフォルダー名が長くなりがちで、あまり長くなると環境変数などに設定できなくなるので、できるだけドライブのトップディレクトリに展開します。

pleiades-2018-12-cpp-win-64bit-jre_20181224.zipを展開するフォルダーにコピーして、「右クリック→すべて展開」を選択します。Eclipse(for C/C++)を展開(インストール)する

しばらくすると展開するフォルダーを確認してくるので
Eclipse(for C/C++)のデフォルト展開フォルダー

Eclipse(for C/C++)の展開先を指定する

展開するには5分程度かかるので気長に待ちましょう。

完了すると

Eclipse(for C/C++)の展開終了時のフォルダー

指定したフォルダーにpleiadesというフォルダーが作成されています。

Eclipse(for C/C++)でプロジェクトを作成する

次にEclipse(for C/C++)を起動してプロジェクトを作成します。

Eclipse(for C/C++)の起動はpleiades/eclipse/eclipse.exeをクリックします。

起動したEclipse(for C/C++)で

Eclipse(for C/C++)の新規プロジェクト作成

「ファイル→新規→プロジェクト」を選択します。
Eclipse(for C/C++)新規プロジェクト選択

次にを押下すると下記の画面が表示されるので
Eclipse(for C/C++)のからのプロジェクトを作成する
「空のプロジェクト」を選択します。

これでプロジェクト作成が完了です。

ソースコードの追加

ソースファイルを追加するには「ファイル→新規→ソースファイル」を選択して、ファイルを追加します。

今回は以下のようなソースを作成しました。

よくある「Hello World!!」ですね。

プログラムの実行

作成したソースをコンパイルして、リンク実行するには「実行構成」を作成する必要があります。

実行構成を設定するにはメニューの「実行→実行構成」を選択します。
Eclipse(for C/C++)の実行構成を作成する

選択すると下記の画面が表示されるので

Eclipse(for C/C++)の実行構成でプログラムパスを通す
実行するプログラムパスを設定します。

あとはメニューの「実行→実行」でプログラムのコンパイル、リンク、実行が行えるようになります。

実行結果はEclipseのコンソール画面に表示されます。

まとめ

最近は開発から少し離れており、Eclipseはセットアップが面倒で重たいというイメージがりましたが、割とすんなりダウンロード、インストール、プログラムの実行まで行えました。

これで昔懐かしC言語と戯れることができます。

ダウンロード、インストールに時間は少しかかりますが、簡単に環境構築できるのでC言語の開発環境をお探しの方にはEclipse(for C/C++)はオススメです。

以上、「WindowsにEclipse(for C/C++)でC/C++言語開発環境を作成する」でした。




-C言語の基本

Copyright© ソフトウェア開発日記 , 2019 All Rights Reserved.