基本

C言語のfor文-繰り返し(ループ)制御

投稿日:

繰り返し(ループ)処理を行うfor文

for文は繰り返し(ループ)処理を行いたい場合に使用する命令です。

for文の構造

for文は繰り返し(ループ)処理は以下の構文です。

for文の各内容は

であり、それぞれ「;」で区切ります。

具体的なソースのサンプルは

のように記述し、
「変数iとjを0で初期化し、iが10未満の間、iを1ずつ増加させ処理を行う」
となります。

上記の例でいくとjに10回10を足すことになります。

途中で繰返し(ループ)を脱出する場合は通常は「break」を利用します。

基本的には処理する回数を指定して繰返し(ループ)処理を行います。

またif文と同様に実行する文が1文の場合は中括弧の「{」と「}」は省略できます。

jは100になります。




-基本
-, ,

Copyright© ソフトウェア開発日記 , 2018 All Rights Reserved.