スマホの通信費用を抑える方法「ガラケー+iPodTouch+WiMAX」

スポンサーリンク

高いスマホの通信費抑える方法

何かと高い通信費のスマホをガラケー、iPodTouch、WiMAXを利用することでスマホの通信費用を抑えて見ます。

この1月より「ガラケー(N-01E) + iPodTouch + WiMAX」で「スマホもどき」生活に入りました。

ももとと「勉強のために『スマホ』とやらを持って見よう」と始めたのは2011年の2月のこと。

REGZA Phone T-01Cを購入して、意気揚々とスマホライフに突入でした。

料金体系の検討

基本使用料(FOMAタイプSS_バリュー) 1,864円
ファミ割MAX50/ひとりでも割50 -930円
パケホーダイダブル定額料 5,985円
付加機能使用料(spモード/メール等含む) 300円

で合計7,234円 + ユニバーサル使用料 + 消費税が必要でした。
(通話はあまり電話しないので無料通話1,000円分でおさまっていました。)

これにPCのネット代を含めると毎月10,000円弱(当時はなんとADSLの1M契約でPCネットは2,040円でした。)

しばらくすると「パケ・ホーダイ フラット」という料金体系ができて5,460円でパケット通信料が済むようになりました。

月々500円の節約です。


料金体系の変更

でもここは貧乏な私。

少しでも通信費を抑え得たいという気持ちからREGZA Phone T-01C + WiMAX でdocomoに払う通信料を抑えつつ、PCのネットもWiMAXで済ませればADSLの利用も停止できるのでそちらにシフトしました。

これでdocomoには

基本使用料(FOMAタイプSS_バリュー) 1,864円
ファミ割MAX50/ひとりでも割50 -930円
パケホーダイダブル定額料 390円
付加機能使用料(spモード/メール等含む) 300円

の1,620円+消費税で済みます。
これにWiMAXの3,880円を足しても5,500円程度になりました。

通信料も安くなり、PCも1MのADSLからWiMAXになったので通信速度もアップです。

上記の料金体系で約1年運用してきましたが、REGZA Phone T-01Cの「もっさり感」に耐えられなくなって来ました。

そこで「Xi」対応のスマホに乗換も考えましたが、パケット料のUPが辛かったのでここは思い切って「スマホ」から「ガラケー(N-01E)」に戻して、月々の固定料金の要らない「iPodTouch」に乗り換えようと。

そうすれば今までとあまり変わらず「スマホもどき」の生活ができるのではないかと言う事で。

もともと通話は少なくほぼiモードメールで事を済ませているので、メールし放題でないとちょっと困ります。

その運用にしようとすると「タイプシンプルバリュー」での契約が必要で、この契約は「無料通話分」の1,000円が付きません。

乗換後の料金体系

乗換後の1月からの料金体系は以下でdocomoには

基本使用料_FOMAタイプシンプルバリュー 1,864円
ファミ割MAX50/ひとりでも割50 -930円
パケホーダイ ダブル/シンプル 0円
付加機能使用料(iモード/メール等) 300円

の1,230円 + ユニバーサル使用料 + 消費税です。

これにWiMAXの3,880円を足して5,110円。
数百円の節約です。

パケ・ホーダイ ダブル/シンプルはiモードメール以外のiモード通信を使うと最大4,410円まで行きますので、ネットはPCかiPodTouchでします。

少し気が緩んでiモード通信をしたところ一瞬で3,707パケットで296円加算されてます。

要注意です。

WiMAXをご利用なら以下からどうぞ。
お安いのがきっとあります。
価格.com ブロードバンド

しばらくこれで運用です。

タイトルとURLをコピーしました