無効なサイト-Google Adsenseから「無効なサイト」になるよと警告が来た

アフィリエイトの王道の1つGoogle Adsenseをサイトに掲載するには掲載許可の審査を通過する必要があります。

以前は複数サイトを所有していた場合はいずれかのサイトで審査に合格すればGoogle Adsenseの広告を掲載できたのですが、いまはサイトごとの審査が必要になっています。

今朝Google Adsenseのコンソールにログインすると、最近放置しているサイトに「無効なサイト」という警告が来てました。

スポンサーリンク

Google Adsenseからの警告「無効なサイト」を受ける

最近放置しているサイトがあります。

以前はそのサイトにもGoogle Adsenseの広告を掲載していたのですが、あまり効果がないのでページ表示速度を考えて外しました。

すると今朝、Google Adsenseの管理コンソールに「無効なサイト」という警告が来てました。

GoogleAdsenseから無効なサイトという警告を受けた

で、詳細をみると

広告が 4 か月以上表示されていないサイトは、無効であると見なされます。この場合、アカウントにアラートが表示され、広告の表示が再開されるまで 1 か月かかります。サイトが 5 か月間無効のままである場合は、サイトの再審査が必要になります。無効なサイトはサイトページに表示されます。

とあります。

以前は一度1サイトでGoogle Adsenseの審査を通過すれば、その後は他の手持ちサイトに広告を掲載することができたのですが、いまはサイトごとに審査が必要です。

しかも4ヶ月広告を表示させないとそのサイトを無効にするということのようです。

ただ、あと1ヶ月の猶予はあるようでサイトが 5 か月間無効のままである場合は、サイトの再審査が必要になります。とあるので、今、広告を再掲しておけば再審査は不要になるようです。

まとめ

最近はどのASP(Affiliate Service Provider)も基準が厳しくなり、Google Adsenseも使ってないサイトは無効にするよということでしょう。

できれば再審査は面倒なので避けれるように4ヶ月に1一度はGoogle Adsenseの広告が表示されるように注意しておきましょう。

以上、無効なサイト-Google Adsenseから「無効なサイト」になるよと警告が来たでした。

タイトルとURLをコピーしました