サムネイルを自動設定する「Default Featured Image」

公開日: : 最終更新日:2013/11/26 プラグイン ,

もともと使用していたテンプレートはサムネイル画像を
表示する箇所がなかったので設定してませんでした。
今回「使用するだけでSEOに効果のあるWordPressテーマ」と
評判の「Stinger3」を利用させていただくにあたり
始めてサムネイル画像を利用することになりました。

でもこれまで投稿した記事にそれぞれサムネイル画像を
設定するのはちょっと大変なので、なんとかならないかと検討。

その結果2つの案を見出しました。

  1. 大胆にも用意してくれている「NO IMAGE」画像を書き換える
  2. プラグインで対応する

で、これまで大胆にも「NO IMAGE」を書き換えてました。

実際にはテーマのイメージフォルダーにある「no-img.png」を
自分で探したものに「おりゃ」っと書き換えました。
結果としてはすべてのサムネイル画像が「no-img.png」で
統一できたので、当初の目的は達成できたのですが、これでは
テーマのバージョンアップや変更するたびにこれをやらなければなりません。
面倒くさがりやの私としては、一回すれば終わるようにしたい。

そこでプラグイン探し、見つけました。
それが「Default Featured Image」です。

Default Featured Imageは、設定しておいた画像をサムネイル画像として表示してくれます。

インストール方法

管理画面からインストール

インストールは簡単でいつものように
プラグインの管理ページから「新規追加」でDefault Featured Image
入力しインストールします。

設定方法

画像の準備

デフォルトのサムネイル画像を準備します。
とりあえず私は今まで利用していたものをメディアフォルダーにアップロードしました。

画像の選択

後はプラグインのインストールプラグイン管理画面のDefault Featured Image
設定を選択しDefault Featured Imageの管理面で、
先ほどメディアフォルダーにアップロードしたサムネイル画像を選択して、
保存する。

これで完了です。
これからはテーマのバージョンアップがあっても大丈夫。
安心してバージョンアップできます。

まぁ当然ですが、サムネイル画像が今のところ
全部同じ画像になってます。

時間があれば徐々に既存の記事にもサムネイル画像を
設定して行ければ良いかなと思ってます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 13 follow us in feedly

関連記事

WP FollowMeでTwitterのフォローミーバッジを表示する

Twitterの「フォローミーバッジ」を表示するプラグイン Twitterの「フォローミーバッジ」

記事を読む

困った男性

WordPress記事をツイッターと連携する「WP to Twitter」でエラー発生

気付くと「WP to Twitter」でエラーが発生 自分のツイッターのアカウント情報を見ていると

記事を読む

WordPressで記事の内容を一括置換する

記事の内容を一括置換するプラグインSearch Regex 今回、ソースの表示を整形してくれるプラ

記事を読む

過去記事をツイートしてくれる「Tweetily」

自分でも過去に書いた記事は全部覚えているわけじゃ ありませんし、Googleなどの検索エンジンから

記事を読む

WordPressのサイトをスマートフォンに対応してくれるプラグイン「WPtouch」

WordPressのサイトをスマートフォンに対応してくれるプラグイン「WPtouch」。 WP

記事を読む

関連記事を表示するYet Another Related Posts Plugin (YARPP)

関連記事を表示させるためのWordPressプラグイン「Yet Another Related Po

記事を読む

スパムコメント対策で画像認証追加

スパムコメント対策 WordPressのコメント欄に画像認識機能を追加 ここ最近、毎日十数件のス

記事を読む

WP to Twitterがアイキャッチ画像も投稿するようになった?

WordPressへに投稿をTwitterへ連携してくれるプラグイン「WP to Twitter」が

記事を読む

WordPressのブログ投稿をTwitterと連携するプラグイン「WP to Twitter」

このプラグインはWordpressに投稿した内容をTwitterに自動投稿してくれる プラグインで

記事を読む

Custom Field Templateでショートコードを使う

投稿ページによってAmazonの広告を切り替える これまで、各投稿ページに「AmazonJs」プラ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

WordPressのカテゴリをソートするプラグイン「Category Order」

WordPressのカテゴリをソートするプラグイン「Category

「WP to Twitter」で投稿エラーの原因

WordPress3.7がリリース 2013年10月23日、Word

Custom Field Templateでショートコードを使う

投稿ページによってAmazonの広告を切り替える これまで、各投稿ペ

WordPressの投稿にグラフを表示するプラグイン「WordPress Visualizer」

WordPressの投稿にグラフを表示する WordPressの投稿

Stinger3を導入して止めたプラグイン

話題のStinger3を導入して停止したプラグイン SEOに強く、初

→もっと見る



PAGE TOP ↑