レンタルサーバ 全般

WordPressサイトを移行してくれるサービス。MixHostのWordPress移転代行サービス

投稿日:

WordPressでサイトを運営しているとどうしても「サイトが遅く感じる」とか「月々のレンタルサーバー代を節約できないか」などと様々な問題が浮上してきます。

でも、そこで障壁となるのが「レンタルサーバーを移行するにはトラブルなどが怖い」「プラグインで簡単移行できなかった」などのことが起きます。

でも、そんなトラブルに見舞われたサイトでも簡単にかつ安全に素早くWrodPressのサイトを新サーバーに移行してくれるサービスがあります。

WordPress移転代行サービス

現在このサイトでも利用しているレンタルサーバーのMixHostでは、そんな面倒でちょっとしたリスクのあるWordPressサイトの移行を代行して行ってくれるサービスがあります。

ただ、1つだけWordPressサイトを移転代行サービスを利用するには制限があり、それは移転先がMixHostでないといけません。

MixHostのWordPress移転代行サービスの概要

対象は「他社のサーバーで独自ドメインを使用してWordPressを運用しており、mixhostをご契約の上、移転を希望する人」です。
料金は1サイトにつき4,980円(税別)で所要日数は通常申込み後5営業日以内に対応されます。
また、SSL化済みのサイトの移転にはオプションとして1,980円(税別)が必要です。
滅多にないようですが、移転困難なレンタルサーバーからの移転の場合は4,980円~(税別・要見積)で対応してくれます。

MixHostのWordPress移転代行サービスの利用手順

MixHostのWordPress移転代行サービスの利用手順は
まずはMixHostと契約する必要があります。
申し込みはこちらから。
次に問い合わせページから
——————————————————————————
移転を希望するWordPressサイト数:(例:1サイト)
移転を希望するWordPressサイトURL:(例:http://example.com/)
現在ご利用中のレンタルサーバー名:(例:○○○サーバー)
——————————————————————————
を記載して問い合わせを行います。
折り返しの連絡後、いままで利用してたFTPユーザー等の通知をするとWordPress移転代行サービスがはじまります。
移行代行が完了するとMixHostから連絡がくるので、動作確認用URLで移転後のサイトを確認します。
動作確認で問題がなければドメインのネームサーバーをMixHostのDNSに変更すると作業は完了です。

実際にこちら側としては依頼してから完了までは移転後の動作確認とDNSの切り替えだけなので簡単に移行作業は完了します。

どうしても速いレンタルサーバーでWordPressサイトを運営したいという方は一度MixHostのWordPressサイト移転サービスの導入を検討されてみてはどうでしょうか?

当サイトのおすすめ記事

レンタルサーバー 1

当サイトは約5年間、さくらのレンタルサーバで運用させて頂きました。 何かトラブルがあったわけではないのですが、WordPressの表示速度を速くしたくてSSD搭載のレンタルサーバーで運用してみることに ...

プログラミング 2

SQLでIFを使わずに条件分岐する SQLでIFを書けばWHERE句の内容を変えて検索できますが、条件ごとに同じようなSQLを 複数回書くのは面倒なので、1行で分岐できないかと言う事でSQLを作って見 ...

SQLServer 3

SQLServerで発生するエラーコードをSQLで取得する SQLServerで発生したエラーコードの内容を メッセージが定義されているテーブルから取得します。 エラーコードを取得するSQL SQLs ...

4

SQLServerでテーブル型を戻り値とする関数を作る SQLServerではINT型やVARCHAR型などを返す関数と同様に ユーザー定義テーブル型を戻り値とする関数を作成できます。 テーブル型を戻 ...

5

アフィリエイトで即効成果を出す アフィリエイトで成果を出す、なかなか難しいですよね。 サイトをいくつも立ち上げてすでにコツをつかんでいる人なら チョチョイっとやっていけるんでしょうけど。 でも実際はこ ...

-レンタルサーバ, 全般
-, , ,

Copyright© ソフトウェア開発日記 , 2017 AllRights Reserved.