TracLightning

TracLightningで「ガントチャート」と「カレンダー」が表示できない時の解決法

投稿日:

現在BTS(Bug Tracking System)として
「TracLightning」を利用しているのですが、
ある時から突然「ガントチャート」と「カレンダー」が利用できなくなりました。
原因をGoogle先生に聞いても「これ」と言った回答が
得られないまま利用できない状態で放置していました。

年も明けたということでもう一度修正を
トライして解決しましたので、その内容を記載しておきます。

TracLightningのエラー解決

BTS(Bug Tracking System)とは

まずはBTS(Bug Tracking System)とは何なのかを説明しておきます。


バグトラッキングシステムとはプロジェクトのバグを登録し、
修正状況を追跡するシステム。バグ管理システムの多くは、
ウェブサーバ上で動作し、ウェブブラウザ経由でアクセス
できるようになっている。

ということでBTS(Bug Tracking System)を導入することで
システム上で発生したバグを追跡・管理しようというものです。

エラーの発生

ある日突然「ガントチャート」と「カレンダー」を
表示させようとすると下記のエラーが発生しました。

このメッセージを見てもなんのことやら全くわかりません。

エラーの発生

とあるサイトに行くと「進捗率に0~100、半角スペース以外が
入るとカレンダーが表示できなくなる」との情報があったので、
全チケットを見直しましたがそれらしきデータはありませんでした。

原因はマイルストーンの「期日」

原因がわからないまま途方にくれていると、
ふと「表示できなくなったのはいつごろ?」と思い、
メンバーの作業を思い起こすと「とあるチケット」を
追加したころとエラーが発生したころと一致するのではないかと思い
該当チケットを見直しました。

ありました、あやしい事。
チケット自体が悪いのではなく、問題はそのマイルストーン。

この期日が「9999/12/31 00:00:00」になってます。
これを管理画面から「2015/12/31 00:00:00」に修正し
「ガントチャート」、「カレンダー」を表示させると、
見事に表示!!

直りました。
やればできるじゃん。

ということで日付けは適当にいけないと言う事です。
そりゃそうですね、バグをトラッキングできなくなりますから。

当サイトのおすすめ記事

レンタルサーバー 1

当サイトは約5年間、さくらのレンタルサーバで運用させて頂きました。 何かトラブルがあったわけではないのですが、WordPressの表示速度を速くしたくてSSD搭載のレンタルサーバーで運用してみることに ...

プログラミング 2

SQLでIFを使わずに条件分岐する SQLでIFを書けばWHERE句の内容を変えて検索できますが、条件ごとに同じようなSQLを 複数回書くのは面倒なので、1行で分岐できないかと言う事でSQLを作って見 ...

SQLServer 3

SQLServerで発生するエラーコードをSQLで取得する SQLServerで発生したエラーコードの内容を メッセージが定義されているテーブルから取得します。 エラーコードを取得するSQL SQLs ...

4

SQLServerでテーブル型を戻り値とする関数を作る SQLServerではINT型やVARCHAR型などを返す関数と同様に ユーザー定義テーブル型を戻り値とする関数を作成できます。 テーブル型を戻 ...

5

アフィリエイトで即効成果を出す アフィリエイトで成果を出す、なかなか難しいですよね。 サイトをいくつも立ち上げてすでにコツをつかんでいる人なら チョチョイっとやっていけるんでしょうけど。 でも実際はこ ...

-TracLightning
-,

Copyright© ソフトウェア開発日記 , 2017 AllRights Reserved.