レンタルサーバ

403 forbiddenエラーが出てプラグインが設定できない

投稿日:2013/01/17 更新日:

プラグインが設定できない

このブログは「さくらのレンタルサーバ」で運用しているのですが、
ちょっとした事情で「ロリポップサーバ」でもWordPressを運用することに
なりました。


WordPressは無事インストール

ロリポップサーバはサブドメイン方式で複数の
WordPressをインストールして運用して見るつもり
でしたので、サブドメイン用のフォルダー作って、
サブドメインを取得して1時間ほど待つと、
サブドメインでフォルダーにアクセス出来るようになったので、
早速ロリポップサーバの簡単インストールでWordPressの設置を
しました。
「簡単インストール」なんでいともあっさりと
インストール作業は完了。

プラグインを設定しようとするもforbiddenエラー

テーマも変更して、いろいろなプラグインをインストールしようと
するとトライ。

まずはAdSense Managerプラグインをインストールして
広告を追加しようすることとする。
おや?「403 forbidden」と画面に表示されエラー終了。
何度やっても「403 forbidden」。

う~ん困った。さくらのレンタルサーバではこんな現象
起きなかったよ。

フォルダーのアクセス権がまずいのかな・・・?

急遽FTP画面でフォルダーのアクセス権を確認するも
問題なさそう・・・。

やっぱり慣れている「さくらのレンタルサーバー」に
すれば良かったか・・・と思いつつ、一晩寝かせることに。

一晩寝かせてもforbiddenエラー

一晩寝かせて、再度AdSense Managerプラグインを
インストール・・・でもやっぱりforbiddenエラー。

forbiddenエラーの解決方法

ロリポップレンタルサーバーには「WAF」なるものがあるのを
発見。

調べてみるとどうやらこのファイヤーウォールで
インストールがフォルダーにアクセスに行くと弾かれている
もよう。
WAFは「Web Application Firewall」というらしい。

ちょっとWAF(Firewallなんで)無効にするのは怖いけど
仕方ないので、早速ロリポップレンタルサーバの
管理画面から該当サブドメインの「WAF」を無効に設定。

再度AdSense Managerプラグインをインストール。
でもやっぱりエラー。



う~ん、仕方ないのでしばらく寝かせて10分後に再度実行。
するとAdSense Managerが正常に登録できました。

やっぱり家宝は寝て待てと。

WAF(Web Application Firewall)を無効にすることの
善悪は別として、これで通常のWordPressサイトの
運用が可能になりました。

当サイトのおすすめ記事

パソコン 1

当サイトは約5年間、さくらのレンタルサーバで運用させて頂きました。 何かトラブルがあったわけではないのですが、WordPressの表示速度を速くしたくてSSD搭載のレンタルサーバーで運用してみることに ...

プログラミング 2

Contents1 SQLでIFを使わずに条件分岐する1.1 1.テーブルとデータの準備1.2 2.条件を分岐させて検索1.3 3.解説 SQLでIFを使わずに条件分岐する SQLでIFを書けばWHE ...

SQLServer 3

SQLServerで発生するエラーコードをSQLで取得する SQLServerで発生したエラーコードの内容を メッセージが定義されているテーブルから取得します。 エラーコードを取得するSQL SQLs ...

4

Contents1 SQLServerでテーブル型を戻り値とする関数を作る1.1 テーブル型を戻り値とする関数の作成1.2 呼び出しかた SQLServerでテーブル型を戻り値とする関数を作る SQL ...

5

Contents1 アフィリエイトで即効成果を出す1.1 自分で買えば確実に成果が上がる1.2 A8.netでは自分で購入してもOKなものがある1.2.1 A8.netにサイトを登録する1.2.2 承 ...

-レンタルサーバ
-, ,

Copyright© ソフトウェア開発日記 , 2017 AllRights Reserved.