ギター

さだまさし・ギター譜を購入しました

投稿日:

Guitar songbook さだまさし ベスト曲集 (ギター弾き語り)購入

今さらながらさだまさしのギター譜「Guitar songbook さだまさし ベスト曲集 (ギター弾き語り)」を
購入しました。
Guitar songbook さだまさし ベスト曲集 (ギター弾き語り)

買った理由は「邪馬臺」と言う曲

この楽譜を買った理由は「邪馬臺」(「やまたい」って読みます。)を
弾いてみたかった。
特に前奏。
この前奏の「ハンマリング・オン」の部分が気にっています。

これまで使っていたギター譜ではCapo:7

これまでは中学時代(高校だったかな)に買った
IMG_0408
を使っていたのですが、このギター譜での「邪馬臺」は「Original KeyはEm、Capo:7 Am」に
なってます。
これでも良いのですが、「Capo:7」は結構弾きにくい。
フレット狭いし。

しかもこの曲の前奏のギターはやっぱり「Em」。

しかも、このギター譜、紙面の関係か間奏が削られていたり、
エンディングも短くされていたりと、ちょっとOriginal曲と
微妙に違うところが多い。

で、ちょっとお高いが今回思い切って
「Guitar songbook さだまさし ベスト曲集 (ギター弾き語り)」を
購入。

「邪馬臺」の前奏の部分のギター譜

で早速「邪馬臺」の前奏の練習。
楽譜はこんな感じです。
IMG_0410

ちなみに今まで使ってきたギター譜には曲によっては「Capo:10」って
曲もあって実際にアコースティックギターでCapoを10フレットに
つけると指の太い私にはCapoが邪魔になって弾けません。

そういったこともあって今回買ったギター譜、買ってよかったと
満足してます。

当サイトのおすすめ記事

レンタルサーバー 1

当サイトは約5年間、さくらのレンタルサーバで運用させて頂きました。 何かトラブルがあったわけではないのですが、WordPressの表示速度を速くしたくてSSD搭載のレンタルサーバーで運用してみることに ...

プログラミング 2

SQLでIFを使わずに条件分岐する SQLでIFを書けばWHERE句の内容を変えて検索できますが、条件ごとに同じようなSQLを 複数回書くのは面倒なので、1行で分岐できないかと言う事でSQLを作って見 ...

SQLServer 3

SQLServerで発生するエラーコードをSQLで取得する SQLServerで発生したエラーコードの内容を メッセージが定義されているテーブルから取得します。 エラーコードを取得するSQL SQLs ...

4

SQLServerでテーブル型を戻り値とする関数を作る SQLServerではINT型やVARCHAR型などを返す関数と同様に ユーザー定義テーブル型を戻り値とする関数を作成できます。 テーブル型を戻 ...

5

アフィリエイトで即効成果を出す アフィリエイトで成果を出す、なかなか難しいですよね。 サイトをいくつも立ち上げてすでにコツをつかんでいる人なら チョチョイっとやっていけるんでしょうけど。 でも実際はこ ...

-ギター
-, ,

Copyright© ソフトウェア開発日記 , 2017 AllRights Reserved.