オフコース・ディスコグラフィ

オフコース・ディスコグラフィ

cd jacket
オフコースのディスコグラフィをまとめました。

SELECTION1978-81

オフコースのベストアルバム「SELECTION1978-81」。


収録曲は

  1. 風に吹かれて
  2. 夏の終り
  3. 愛を止めないで
  4. せつなくて
  5. 生まれ来る子供たちのために
  6. さよなら
  7. Yes-No
  8. 愛の終わる時
  9. 一億の夜を越えて
  10. いくつもの星の下で
  11. I LOVE YOU

です。

このアルバムの特徴はベストアルバムでありながら、他のオリジナルアルバムに収録されていない曲があることですね。
「風に吹かれて」「さよなら」「愛の終わる時」の3曲が他のオリジナルアルバムには収録されていません。
「さよなら」が他に収録されていないのは以外ですね。

でも私がこのアルバムを探して入手したのは「愛の終わる時」の音源が欲しかったから。
この曲とっても良くてずっとこのベストアルバムがCD化されるのを待ってました。

あと、「愛を止めないで」「Yes-No」「I LOVE YOU」はオリジナルアルバムに収録されているのとは
アレンジがちょっとだけ変わってます。
よ~く聴かないとわからないかも。

ファンでなくても買って損はないと思います。

僕の贈りもの


収録曲は

  1. 僕の贈りもの
  2. よみがえるひととき
  3. 彼のほほえみ
  4. 水曜日の午後
  5. 地球は狭くなりました
  6. でももう花はいらない
  7. 歩こう
  8. ほんの少しの間だけ
  9. 貼り忘れた写真
  10. 静かな昼下がり
  11. さわやかな朝をむかえるために

です。

オフコースのファーストアルバムです。
オフコースは当初、小田和正と鈴木康弘の2人で始まった
グループですね。

実はボーカルに松任谷裕美を入れようと言う話も一時期あったとか、なかったとか。

アルバム全体を通しては静かな夜にしっとりと聴けるような内容です。

「水曜日の午後」や「地球は狭くなりました」は好きです。

「でももう花はいらない」はアコースティックギターで演奏すると
格好いい前奏です。

ワインの匂い


収録曲は

  1. 雨の降る日に
  2. 昨日への手紙
  3. 眠れぬ夜
  4. 倖せなんて
  5. ワインの匂い
  6. あれから君は
  7. 憂き世に
  8. 少年のように
  9. 雨よ激しく
  10. 愛の唄
  11. 幻想
  12. 老人のつぶやき

です。

「雨よ激しく」がどうしても聴きたくてSELECTION1978-81と共に
TSUTAYAでは見つからなかったので、アマゾンで探して入手しました。

ライブアルバムで「雨の降る日に」を聴いて感動し「よし、ピアノ弾き語りに挑戦だ!!」と
3,000円くらいする楽譜を購入したのを思えてます。
独学なんでピアノを習っている妹に「指使いが全然違う」と
言われながらも、最終的にはこの曲は弾けるようになりました。
でも「歌いながら」は無理でした。
(今ではもうピアノも自宅に無く、もう弾けないと思います。残念。)

「眠れぬ夜」は西條秀樹さんがカバーしているのでご存知の方も多いかもしれません。
「雨よ激しく」のアコースティックギターもカッコよく、練習しました。
タイトル曲の「ワインの匂い」や「あれから君は」も良い曲です。

SONG IS LOVE


収録曲は

  1. ランナウェイ
  2. ピロートーク
  3. こころは気紛れ
  4. ひとりで生きてゆければ
  5. ひとりよがり
  6. 青春
  7. めぐる季節
  8. おもい違い
  9. 青空と人生と
  10. 恋はさりげなく
  11. 冬が来るまえに
  12. 歌を捧げて

です。

「こころは気紛れ」のイントロが私の持っている
楽譜が間違っているのか、アコースティックギターの
パート、同じような音になりません。
不思議です。

「めぐる季節」と「ひとりで生きてゆければ」は
アコースティックギターでの弾き語りにも
カッコイイ曲です。

FAIRWAY


収録曲は

  1. あなたのすべて
  2. 美しい思い出に
  3. いつもふたり
  4. この空にはばたく前に
  5. 夏の終り
  6. 季節は流れて
  7. 失恋のすすめ
  8. 去っていった友へ-T氏に捧げる-
  9. 心さみしい人よ

です。

「失恋のすすめ」は個人的には「Live」に収録されている
アコースティックギターだけのバージョンが好きです。
特に間奏とエンディングはかっこいい。

「この空にはばたく前に」や「季節は流れて」は
アップテンポな感じですね。
逆に「心さみしい人よ」などはしっとりと。
少し寂しい夜に聴くと涙するかも。

Three and Two


収録曲は

  1. 思いのままに
  2. 恋を抱きしめよう
  3. その時はじめて
  4. 歴史は夜つくられる
  5. 愛を止めないで
  6. SAVE THE LOVE
  7. 汐風のなかで
  8. 愛あるところへ
  9. 生まれ来る子供たちのために

です。

私がオフコースのアルバムで最初に入手したアルバムです。
このアルバムから松尾一彦、清水仁、大間仁世さんが正式に
メンバーとして参加されました。

このアルバムはどの曲も良く、それぞれが
いい味出してます。
「SAVE THE LOVE」は長編で、バラード調からロック調まで
さまざまな曲調が1曲で楽しめます。

We are


収録曲は

  1. 時に愛は
  2. 僕等の時代
  3. おまえもひとり
  4. あなたより大切なこと
  5. いくつもの星の下で
  6. 一億の夜を越えて
  7. せつなくて
  8. Yes-No
  9. 私の願い
  10. きかせて

です。

「私の願い」は以前に紹介した「ワインの匂い」に収録されている
「雨の降る日に」と共に珍しくピアノの弾き語りに
挑戦しました。
習得度は「まぁまあ」だったでしょうか。

「僕等の時代」は12弦ギターで演奏されている
ライブ映像を見て、真似してやって見たのですが
なんかちょっと違う。
(ギターのせいか、腕のせいかは不明。)

over


収録曲は

  1. 心 はなれて
  2. 愛の中へ
  3. 君におくる歌
  4. ひととして
  5. メインストリートをつっ走れ
  6. 僕のいいたいこと
  7. 哀しいくらい
  8. 言葉にできない
  9. 心 はなれて

です。

全般的にしっとりとした感じの
アルバムです。

その中では「メインストリートをつっ走れ」は
ちょっとハードな曲でしょうか。

「愛の中へ」、「言葉にできない」はシングルとしても
発売されてます。
「言葉にできない」は今でもよく唄われていますね。

「心 はなれて」は1曲目ではinstrumentalで
最後の「心 はなれて」はピアノソロで唄われてます。

前作の「We are」とつなげて
「We are over」となることで当時はちょっと
意味深なタイトルと噂になりました。
実際、次の「I LOVE YOU」を最後に鈴木康弘さんが
脱退し4名でのオフコースになりました。

またよ~く聴くと「言葉にできない」が曲の最後で
フェードアウトして行く時に
「We are over」という男性の声が入っているようです。
当時は「心霊現象」と友人たちとの間では盛り上がってました。

I LOVE YOU


収録曲は

  1. YES-YES-YES
  2. 素敵なあなた
  3. 愛のゆくえ
  4. 哀しき街
  5. 揺れる心
  6. きっと同じ
  7. かかえきれないほどの愛
  8. 決して彼等のようではなく
  9. I LOVE YOU

です。

5人の「オフコース」最後のアルバムです。

「きっと同じ」はアコースティックギターだけで
演奏され、しっとりとした曲になってます。
レコーディングの際は、当初、小田さんが
自分でギターを弾いて録音していたようですが、
しくり来ず、ヤスさんに演奏を依頼し、
「やっぱりうまいや」と言って、
ヤスさんの演奏したテープを回しながら
ヴォーカルの吹き込みを始めたというのを
何かの本で読みました。


だったと思います。
(この本持ってたのにどこかに行ってしまった。)

「YES-YES-YES」と「I LOVE YOU」はシングルでも
発売されています。

The Best Year of My Life


収録曲は

  1. 恋びとたちのように
  2. 夏の日
  3. 僕等の世界に
  4. 君が、嘘を、ついた
  5. 緑の日々
  6. 愛を切り裂いて
  7. 愛よりも
  8. 気をつけて
  9. ふたりで生きている

です。

この作品よりオフコースは鈴木康弘さんが抜け
4名になりました。
購入した当時はなんか少し寂しい思いを
しました。

「君が、嘘を、ついた」、「夏の日」、「緑の日々」と
9曲中3曲がシングルでも発売されました。
ちょっと「ネタ切れ?」なんて感じもしましたが、
きっちりシングルも買っているところがファンかな。

シングルで言うと「緑の日々」は


B面が「CITY NIGHTS」という題名で
アルバム『over』の収録曲「哀しいくらい」に、
新たに英語詞をつけた作品で
カッコよく仕上がってします。

「ふたりで生きている」は最後の
May be the best year of my life.
の部分がかっこよくて好きです。

Back Streets of Tokyo


収録曲は

  1. FOOL (WHAT DOES A FOOL DO NOW)
  2. SECOND CHANCE
  3. LOVE’S DETERMINATION
  4. HER PRETENDER
  5. EYES IN THE BACK OF MY HEART
  6. MELODY
  7. LOVE’S ON FIRE
  8. ENDLESS NIGHTS

全編英語のセルフカバーアルバムです。

原曲はそれぞれ

  • 「FOOL (WHAT DOES A FOOL DO NOW)」は「恋人たちのように」
  • 「SECOND CHANCE」は「call」
  • 「LOVE’S DETERMINATION」は「LAST NIGHT」
  • 「HER PRETENDER」は「気をつけて」
  • 「EYES IN THE BACK OF MY HEART」は「君が、嘘を、ついた」
  • 「MELODY」は「CITY NIGHTS」
  • 「LOVE’S ON FIRE」は「愛を切り裂いて」
  • 「ENDLESS NIGHTS」は「たそがれ」

になってます。

日本語版の「call」、「君が、嘘を、ついた」、
「たそがれ」はシングルでも発売されています。

なんか「英語」ってだけでなんとなく
カッコよく感じます。(笑)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 14 follow us in feedly

関連記事

cd jacket

サザンオールスターズ・ディスコグラフィ

サザンオールスターズ・ディスコグラフィ デビューからずっと聴き続けているサザンオールスターズの

記事を読む

IMG_0464

さだまさしの「うつろひ」を入手しました

さだまさしの「うつろひ」を入手 今さらながらさだまさしの「うつろひ」を入手しました。 以前に

記事を読む

cd jacket

桑田佳祐・ディスコグラフィ

桑田佳祐・ディスコグラフィ 桑田佳祐をまとめました。 KEISUKE KUWATA

記事を読む

cd jacket

JACARANDA-ジャカランダ【世良公則】

JACARANDA-ジャカランダ 世良公則のCDはこれ1枚しか持ってないのですが、 これはお

記事を読む

IMG_0463

さだまさしの「印象派」も入手しました

さだまさしの「印象派」も入手 さだまさしの「うつろひ」を入手をしたついでに 「印象派」も入手しま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

IMG_0464
さだまさしの「うつろひ」を入手しました

さだまさしの「うつろひ」を入手 今さらながらさだまさしの「うつろ

cd jacket
桑田佳祐・ディスコグラフィ

桑田佳祐・ディスコグラフィ 桑田佳祐をまとめました。

cd jacket
サザンオールスターズ・ディスコグラフィ

サザンオールスターズ・ディスコグラフィ デビューからずっと聴き続

IMG_0463
さだまさしの「印象派」も入手しました

さだまさしの「印象派」も入手 さだまさしの「うつろひ」を入手をしたつ

cd jacket
JACARANDA-ジャカランダ【世良公則】

JACARANDA-ジャカランダ 世良公則のCDはこれ1枚しか持

→もっと見る



PAGE TOP ↑