テクニック

「===」で値だけではなく型の一致もチェック

投稿日:2013/04/11 更新日:

Javascriptで値だけではなく方の一致もIF文でチェックする

ふと、とあるソースを眺めているとIF文で

のように比較演算子の「=」が3つになっている部分を発見しました。

なぜ「=」3つ?

調べてみると


== 左右の値が同じ場合はtrue 違ったら falseを返します。
=== 左右の値が同じ事に加えて型の一致も含まれます。

らしいです。

値だけの一致と型まで一致の違い

C言語などで「int i;」と言うように「変数の型」を
宣言に必要とする言語と違ってJavascriptでは
もともと「var i;」のように「変数の型」ってありませんが、
Javascriptでは値の比較や代入を行う際に可能な限り
暗黙の型変換が行われます。

結果は

と表示されます。

当サイトのおすすめ記事

レンタルサーバー 1

当サイトは約5年間、さくらのレンタルサーバで運用させて頂きました。 何かトラブルがあったわけではないのですが、WordPressの表示速度を速くしたくてSSD搭載のレンタルサーバーで運用してみることに ...

プログラミング 2

SQLでIFを使わずに条件分岐する SQLでIFを書けばWHERE句の内容を変えて検索できますが、条件ごとに同じようなSQLを 複数回書くのは面倒なので、1行で分岐できないかと言う事でSQLを作って見 ...

SQLServer 3

SQLServerで発生するエラーコードをSQLで取得する SQLServerで発生したエラーコードの内容を メッセージが定義されているテーブルから取得します。 エラーコードを取得するSQL SQLs ...

4

SQLServerでテーブル型を戻り値とする関数を作る SQLServerではINT型やVARCHAR型などを返す関数と同様に ユーザー定義テーブル型を戻り値とする関数を作成できます。 テーブル型を戻 ...

5

アフィリエイトで即効成果を出す アフィリエイトで成果を出す、なかなか難しいですよね。 サイトをいくつも立ち上げてすでにコツをつかんでいる人なら チョチョイっとやっていけるんでしょうけど。 でも実際はこ ...

-テクニック
-,

Copyright© ソフトウェア開発日記 , 2017 AllRights Reserved.