イントラマートでMozilla RhinoのimportPackage()を使ってみる

イントラマートでMozilla RhinoのimportPackage()を使ってみます。

実行結果は

ちゃんとJavaのStringBufferが生成されています。

importPackage()を使えば「Packages」と「.」で連なる部分を短くできます。

importPackage()は「Mozilla Rhino」で定義されているようです。

但し


importPackage および importClass 関数は、JavaScript のグローバル変数スコープを「煩雑」にします。これを回避するために、JavaImporter を使用できます。

というようなことがあるので、

「new String()」と書くとJavascriptの「String()」が生成されているようです。
要注意です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 14 follow us in feedly

関連記事

no-img

イントラマートのImartオブジェクトを使用して独自のIMARTタグを作成する

イントラマートのImartオブジェクトを使用して独自のIMARTタグを作成します。 まずファン

記事を読む

no-img

イントラマートのスクリプト開発からjavaのinterfaceをJavaAdapterを使って呼び出してみる

イントラマートのスクリプト開発からjavaのinterfaceをJavaAdapterを使って呼び出

記事を読む

no-img

イントラマートのrepeatタグを利用してテーブルの行、列の数を動的に変更する

イントラマートのrepeatタグを二重にして用してテーブルの行、列の数を動的に変更します。 ま

記事を読む

no-img

イントラマートでファイルから1行ずつテキストを読み込む

イントラマートのスクリプト開発でFileオブジェクト,VirtualFileオブジェクトの どちら

記事を読む

no-img

イントラマートのスクリプト開発からjavaのinterfaceを呼び出してみる

イントラマートのスクリプト開発からjavaのinterfaceを呼び出してみる。 まずは普通に

記事を読む

no-img

イントラマートのスクリプト開発モデルからシステムコマンドを呼び出してみる

イントラマートのスクリプト開発モデルからシステムコマンドを呼び出して見ます。 呼び出すファンク

記事を読む

no-img

イントラマートのModule.calendarオブジェクトを使って西暦和暦変換を行う

イントラマートのModule.calendarオブジェクトを使って西暦和暦変換を行います。

記事を読む

no-img

イントラマートの各サービスにアクセスするオブジェクト

イントラマートの各サービスにアクセスするAPIは サービスオブジェ

記事を読む

no-img

イントラマートで名前付き引数と可変個引数の関数を実現する

イントラマートで名前付き引数と可変個引数の関数を実現方法です。 呼び出し側。(ファンクションコ

記事を読む

no-img

イントラマートのプレゼンテーションページとファンクションコンテナでグローバル変数を共有する

イントラマートのシステムを開発する上である特定の値を 全システムでグローバル変数を使用したい時があ

記事を読む

no-img
イントラマートの各サービスにアクセスするオブジェクト

イントラマートの各サービスにアクセスするAPIは

no-img
イントラマートのPasswordHistoryManagerオブジェクトを使ってログインユーザーのパスワード有効期限を調べる

ログインユーザーのパスワードが10日後有効かどうかを調べます。

no-img
イントラマートのModule.calendarオブジェクトを使って西暦和暦変換を行う

イントラマートのModule.calendarオブジェクトを使って西暦

no-img
イントラマートに独自のオブジェクト(インスタンス)を登録する

イントラマートに独自のオブジェクト(インスタンス)登録する イントラ

no-img
イントラマートの未定義変数をチェックするためのツール「JavaScript Lint」

イントラマートのスクリプト開発で作成したファンクションコンテナの 未

→もっと見る



PAGE TOP ↑