イントラマートのLicenseManagerを使ってみる

公開日: : 最終更新日:2013/02/28 スクリプト開発モデル , ,

イントラマートのLicenseManagerを使ってシステムのバージョン情報を出力します。

以下が実行結果です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 13 follow us in feedly

関連記事

イントラマートのImartオブジェクトを使用して独自のIMARTタグを作成する

イントラマートのImartオブジェクトを使用して独自のIMARTタグを作成します。 まずファン

記事を読む

イントラマートのModule.calendarオブジェクトを使って西暦和暦変換を行う

イントラマートのModule.calendarオブジェクトを使って西暦和暦変換を行います。

記事を読む

イントラマートのスクリプト開発モデルからシステムコマンドを呼び出してみる

イントラマートのスクリプト開発モデルからシステムコマンドを呼び出して見ます。 呼び出すファンク

記事を読む

イントラマートのスクリプト開発からjavaのinterfaceを呼び出してみる

イントラマートのスクリプト開発からjavaのinterfaceを呼び出してみる。 まずは普通に

記事を読む

イントラマートのPasswordHistoryManagerオブジェクトを使ってログインユーザーのパスワード有効期限を調べる

ログインユーザーのパスワードが10日後有効かどうかを調べます。

記事を読む

Apache POIでExcelワークブックに画像を挿入してみる。

イントラマートのスクリプト開発で「Apache POI」を利用してExcelに画像を挿入します。

記事を読む

イントラマートでiTextを使用してpdfファイルを作成する方法(1)

イントラマートでiTextを使用してpdfファイルを作成する方法 ヘッダー、行、テーブル、フッ

記事を読む

イントラマートでMozilla RhinoのimportPackage()を使ってみる

イントラマートでMozilla RhinoのimportPackage()を使ってみます。

記事を読む

イントラマートのMailSenderオブジェクトを使用してメールを送信する

イントラマートのMailSenderオブジェクトを使用してメールを送信します。

記事を読む

イントラマートで名前付き引数と可変個引数の関数を実現する

イントラマートで名前付き引数と可変個引数の関数を実現方法です。 呼び出し側。(ファンクションコ

記事を読む

イントラマートのメモリ解放処理

本来はガベージコレクターで解放されるので不要なのかも 知れませんが、

イントラマートのスクリプト開発「ImageIconManagerオブジェクト」の用途が不明

イントラマートのスクリプト開発「ImageIconManagerオブジ

イントラマートのRPCを利用したプレゼンテーションページでのログ出力

イントラマートのRPC(リモートプロシジャーコール)を利用したログ出力

イントラマートでSQLServerの一時テーブルがうまく使用できない

一旦SQLで取得したデータをSQLServerの一時テーブルに保存して

イントラマートのImartオブジェクトを使用して独自のIMARTタグを作成する

イントラマートのImartオブジェクトを使用して独自のIMARTタグを

→もっと見る



PAGE TOP ↑