イントラマートのスケジュールサービスに登録されているバッチを起動する

イントラマートのスケジュールサービスに登録されているバッチジョブを
ファンクションコンテナから起動します。

何故かスクリプト開発のAPIから直接呼び出せないのでJavaEE開発モデルの
クラスを生成して対応しました。

「バッチID」はスケジュールサービスに登録されているIDを指定してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 13 follow us in feedly

関連記事

ログインユーザーの背景色でスタイルシートを動的に変更する

ログインユーザーでスタイルシートを動的に変更 イントラマートのincludeタグを使用して各ログイ

記事を読む

イントラマートでSQLServerの一時テーブルがうまく使用できない

一旦SQLで取得したデータをSQLServerの一時テーブルに保存して 処理を実行させたいことがあ

記事を読む

イントラマートのPasswordHistoryManagerオブジェクトを使ってログインユーザーのパスワード有効期限を調べる

ログインユーザーのパスワードが10日後有効かどうかを調べます。

記事を読む

イントラマートのスクリプト開発モデルからシステムコマンドを呼び出してみる

イントラマートのスクリプト開発モデルからシステムコマンドを呼び出して見ます。 呼び出すファンク

記事を読む

イントラマートのプレゼンテーションページとファンクションコンテナでグローバル変数を共有する

イントラマートのシステムを開発する上である特定の値を 全システムでグローバル変数を使用したい時があ

記事を読む

イントラマートでファイルから1行ずつテキストを読み込む

イントラマートのスクリプト開発でFileオブジェクト,VirtualFileオブジェクトの どちら

記事を読む

イントラマートでログインユーザーとクライアントIPを取得する

イントラマートでログインユーザーとクライアントIPを取得する 通常はファンクションコンテナで ク

記事を読む

イントラマートのModule.calendarオブジェクトを使って西暦和暦変換を行う

イントラマートのModule.calendarオブジェクトを使って西暦和暦変換を行います。

記事を読む

イントラマートのスクリプト開発からjavaのinterfaceを呼び出してみる

イントラマートのスクリプト開発からjavaのinterfaceを呼び出してみる。 まずは普通に

記事を読む

イントラマートのメモリ解放処理

本来はガベージコレクターで解放されるので不要なのかも 知れませんが、メモリリークの対策として、ガベ

記事を読む

イントラマートのrepeatタグを利用してテーブルの行、列の数を動的に変更する

イントラマートのrepeatタグを二重にして用してテーブルの行、列の数

イントラマートのWebアプリケーションサーバ情報取得ツール intra-mart Server-eye

イントラマートのイントラマートから「Webアプリケーションサーバ情報取

ログインユーザーの背景色でスタイルシートを動的に変更する

ログインユーザーでスタイルシートを動的に変更 イントラマートのinc

イントラマートのfloatingCalendarタグを使用する

イントラマートのfloatingCalendarタグを利用してカレンダ

イントラマートのRollingFileAppenderでMaxHistoryが効かない

イントラマートのログ出力機能に独自のログAppenderを追加したが、

→もっと見る



PAGE TOP ↑