イントラマートのContentオブジェクトを使って、別のソースファイルにある関数を呼び分ける

イントラマートのContentオブジェクトを使って、別のソースファイルにある「disp_log()」という関数を
呼び分けます。

まずは呼び出し側から。

common1.jsです。

common2.jsです。(戻り値をObject型にしてみました。)

上手く使えばデザインパターンの「Template Methodパターン」なんかも
実装できるかも知れません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 13 follow us in feedly

関連記事

Apache POIでExcelワークブックに画像を挿入してみる。

イントラマートのスクリプト開発で「Apache POI」を利用してExcelに画像を挿入します。

記事を読む

イントラマートのPasswordHistoryManagerオブジェクトを使ってログインユーザーのパスワード有効期限を調べる

ログインユーザーのパスワードが10日後有効かどうかを調べます。

記事を読む

イントラマートのRPCを利用したプレゼンテーションページでのログ出力

イントラマートのRPC(リモートプロシジャーコール)を利用したログ出力 WEBページのデバッグ、w

記事を読む

イントラマートでiTextを使用してpdfファイルを作成する方法(1)

イントラマートでiTextを使用してpdfファイルを作成する方法 ヘッダー、行、テーブル、フッ

記事を読む

イントラマートのfloatingCalendarタグを使用する

イントラマートのfloatingCalendarタグを利用してカレンダーを表示する方法です。

記事を読む

イントラマートに独自のオブジェクト(静的なメソッド)を登録する

イントラマートに独自のオブジェクト(静的なメソッド)を登録 イントラマートのスクリプト開発で独自に

記事を読む

イントラマートのRequest.getParameterNamesでプレゼンテーションページのPOSTデータを取得する

Request.getParameterNames()を利用して呼び出し元の プレゼンテーションペ

記事を読む

イントラマートのメモリ解放処理

本来はガベージコレクターで解放されるので不要なのかも 知れませんが、メモリリークの対策として、ガベ

記事を読む

イントラマートで名前付き引数と可変個引数の関数を実現する

イントラマートで名前付き引数と可変個引数の関数を実現方法です。 呼び出し側。(ファンクションコ

記事を読む

イントラマートのrepeatタグを利用してテーブルの行、列の数を動的に変更する

イントラマートのrepeatタグを二重にして用してテーブルの行、列の数を動的に変更します。 ま

記事を読む

Comment

  1. 通りすがり より:


    Procedure.defineで登録しちゃった方が利便性が高いと思いますが・・・。

イントラマートでファイルから1行ずつテキストを読み込む

イントラマートのスクリプト開発でFileオブジェクト,VirtualF

イントラマートのrepeatタグを利用してテーブルの行、列の数を動的に変更する

イントラマートのrepeatタグを二重にして用してテーブルの行、列の数

イントラマートのプレゼンテーションページとファンクションコンテナでグローバル変数を共有する

イントラマートのシステムを開発する上である特定の値を 全システムでグ

イントラマートでローカルファイルをサーバへアップロードする

イントラマートでローカルファイルをサーバへアップロードします。

イントラマートのModule.calendarオブジェクトを使って西暦和暦変換を行う

イントラマートのModule.calendarオブジェクトを使って西暦

→もっと見る



PAGE TOP ↑