スクリプト開発モデル

イントラマートのDrawerオブジェクトを利用して画像ファイルを作成

投稿日:2012/06/13 更新日:

イントラマートのDrawerオブジェクトを利用して画像ファイルを作成します。
(今回のサンプルはファンクションコンテナから直接ブラウザへ画像データを送信しています。)

あとは用意されているAPIを使って自由にお絵かき。

メソッド 説明
void clearClip() クリッピング領域を解除します。
void copyArea(Number x,Number y,Number width,Number height,Number dx,Number dy) コンポーネント領域を複写します。
void draw3DRect(Number x,Number y,Number width,Number height ,Boolean raised) 指定された矩形を3D強調表示にします。
void drawArc(Number x,Number y,Number width,Number height,Number startAngle,Number arcAngle) 円弧または楕円弧の輪郭を描画します。
void drawLine(Number x1,Number y1,Number x2,Number y2) 線を描画します。
void drawOval(Number x,Number y,Number width,Number height) 楕円の輪郭を描画します。
void drawPolygon(Array xPoints,Array yPoints) 多角形を描画します。
void drawRect(Number x,Number y,Number width,Number height) 矩形の輪郭を描画します。
void drawRoundRect(Number x,Number y,Number width,Number height,Number arcwidth,Number archeight) 丸いコーナー付きの矩形を描画します。
void drawString(String string,Number x,Number y,String xPosition,String yPosition) 文字列を描画します。
void fill3DRect(Number x,Number y,Number width,Number height,Boolean raised) 塗りつぶし矩形を3D強調表示で描画します。
void fillArc(Number x,Number y,Number width,Number height,Number startAngle,Number arcAngle) 円弧または楕円弧を塗りつぶして描画します。
void fillOval(Number x,Number y,Number width,Number height) 楕円形を塗りつぶして描画します。
void fillPolygon(Array xPoints,Array yPoints) 多角形を塗りつぶして描画します。
void fillRect(Number x,Number y,Number width,Number height) 塗りつぶし矩形を描画します。
void fillRoundRect(Number x,Number y,Number width,Number height,Number arcWidth,Number arcHeight) 丸いコーナー付きの矩形を塗りつぶして描画します。
String getColor() 現在の色を取得します。
String getFontName() 現在のフォント名を取得します。
String getFontSize() 現在のフォントサイズを取得します。
String getFontStyle() 現在のフォントスタイルを取得します。
Number getLineSize() 現在の線幅を取得します。
Array getLineStyle() 現在の破線スタイルを取得します。
String putImage(String imageType) 画像ファイルのバイナリデータを取得します。
void setClipArc(Number x,Number x,Number width,Number height,Number start,Number extent) 円弧または楕円弧のクリッピング領域を構築します。
void setClipPolygon(Array xPoints,Array yPoints) 多角形のクリッピング領域を構築します。
void setClipRect(Number x,Number y,Number width,Number height) 矩形のクリッピング領域を構築します。
void setColor(Object color) 描画する色を設定します。
void setFontName(String font) 描画するフォントを設定します。
void setFontSize(Number size) 描画するフォントサイズを設定します。
void setFontStyle(String style) 描画するフォントスタイルを設定。
void setLineSize(Number lineSize) 描画する線幅を設定します。
void setLineStyle(Array lineStyle) 描画する線のスタイルを設定します。

当サイトのおすすめ記事

レンタルサーバー 1

当サイトは約5年間、さくらのレンタルサーバで運用させて頂きました。 何かトラブルがあったわけではないのですが、WordPressの表示速度を速くしたくてSSD搭載のレンタルサーバーで運用してみることに ...

プログラミング 2

SQLでIFを使わずに条件分岐する SQLでIFを書けばWHERE句の内容を変えて検索できますが、条件ごとに同じようなSQLを 複数回書くのは面倒なので、1行で分岐できないかと言う事でSQLを作って見 ...

SQLServer 3

SQLServerで発生するエラーコードをSQLで取得する SQLServerで発生したエラーコードの内容を メッセージが定義されているテーブルから取得します。 エラーコードを取得するSQL SQLs ...

4

SQLServerでテーブル型を戻り値とする関数を作る SQLServerではINT型やVARCHAR型などを返す関数と同様に ユーザー定義テーブル型を戻り値とする関数を作成できます。 テーブル型を戻 ...

5

アフィリエイトで即効成果を出す アフィリエイトで成果を出す、なかなか難しいですよね。 サイトをいくつも立ち上げてすでにコツをつかんでいる人なら チョチョイっとやっていけるんでしょうけど。 でも実際はこ ...

-スクリプト開発モデル
-, , , , ,

Copyright© ソフトウェア開発日記 , 2017 AllRights Reserved.