イントラマートのメモリ解放処理

本来はガベージコレクターで解放されるので不要なのかも
知れませんが、メモリリークの対策として、ガベージコレクターが
動かなくてもメモリを解放する処理を作成して見ました。

ちなみに呼び出し形式は

です。

Module.data.varType()の戻り値すべてで動作させましたが
特にはエラーは出ませんでした。

実際に適当に大きなメモリを確保して呼び出すと
FreeMemory増えたり減ったり。
ガベージコレクターは確実にFreeMemory増えますね。
以下は関数呼び出し前後、ガベージコレクターの結果。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 13 follow us in feedly

関連記事

iTextでPDFファイルを作成する(2)

イントラマートでPDFファイルを作成する イントラマートのスクリプト開発でiTextを使用して

記事を読む

イントラマートのrepeatタグを利用してテーブルの行、列の数を動的に変更する

イントラマートのrepeatタグを二重にして用してテーブルの行、列の数を動的に変更します。 ま

記事を読む

イントラマートで名前付き引数と可変個引数の関数を実現する

イントラマートで名前付き引数と可変個引数の関数を実現方法です。 呼び出し側。(ファンクションコ

記事を読む

イントラマートでファイルから1行ずつテキストを読み込む

イントラマートのスクリプト開発でFileオブジェクト,VirtualFileオブジェクトの どちら

記事を読む

イントラマートのRequest.getParameterNamesでプレゼンテーションページのPOSTデータを取得する

Request.getParameterNames()を利用して呼び出し元の プレゼンテーションペ

記事を読む

イントラマートのContentオブジェクトを使って、別のソースファイルにある関数を呼び分ける

イントラマートのContentオブジェクトを使って、別のソースファイルにある「disp_log()」

記事を読む

イントラマートのImartオブジェクトを使用して独自のIMARTタグを作成する

イントラマートのImartオブジェクトを使用して独自のIMARTタグを作成します。 まずファン

記事を読む

イントラマートでiTextを使用してpdfファイルを作成する方法(1)

イントラマートでiTextを使用してpdfファイルを作成する方法 ヘッダー、行、テーブル、フッ

記事を読む

イントラマートのスクリプト開発モデルからシステムコマンドを呼び出してみる

イントラマートのスクリプト開発モデルからシステムコマンドを呼び出して見ます。 呼び出すファンク

記事を読む

イントラマートに独自のオブジェクト(インスタンス)を登録する

イントラマートに独自のオブジェクト(インスタンス)登録する イントラマートのスクリプト開発で独自に

記事を読む

イントラマートに独自のオブジェクト(静的なメソッド)を登録する

イントラマートに独自のオブジェクト(静的なメソッド)を登録 イントラ

イントラマートに独自のオブジェクト(インスタンス)を登録する

イントラマートに独自のオブジェクト(インスタンス)登録する イントラ

イントラマートのImartオブジェクトを使用して独自のIMARTタグを作成する

イントラマートのImartオブジェクトを使用して独自のIMARTタグを

イントラマートのRequest.getParameterNamesでプレゼンテーションページのPOSTデータを取得する

Request.getParameterNames()を利用して呼び出

イントラマートでMozilla RhinoのimportPackage()を使ってみる

イントラマートでMozilla RhinoのimportPackage

→もっと見る



PAGE TOP ↑