SQLでCASE~WHENを使ってみる(2)

公開日: : 最終更新日:2014/04/30 SQL Server , , ,

CASE~WHENはSQLでCASE~WHENを使ってみるとは別に
WHENの後に評価させる式を書くことも可能なようです。

複数の式を同時に評価させる事が可能になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 13 follow us in feedly

関連記事

指定した列名がどのテーブルで使用されているか検索するSQL

指定した列名を利用しているテーブルを検索 SQLServerで指定した列名がどのテーブルで使用され

記事を読む

SQL Server-ストアドプロシジャーのソースを表示する1

ストアドプロシジャーのソースを表示します。

記事を読む

SQLでランダムにユニーク(一意)な値(ID)を取得する

ランダムにユニーク(一意)な値(ID)を取得する SQLServerでテーブル内でユニークキーをラ

記事を読む

再帰SQLで歯抜けの日付データを取得する

再帰SQLを使って歯抜けの日付データを取得 処理が自動実行(バッチ処理)で実行された日付を管理して

記事を読む

列は既にデフォルトにバインドされています。

テーブルのカラムの属性変更でデフォルト値を変更する テーブルのカラムの属性変更でデフォルト値を変更

記事を読む

sp_columns – SQL Serverでカラムの型を取得する

SQL Serverで定義されているテーブルのカラムの型を取得する SQL Serverで定義され

記事を読む

ALTER TABLEでカラムの属性を変更する

ALTER TABLEでカラムの属性を変更する すでに作成されているテーブルのカラムの属性を変更し

記事を読む

SQLServer

SQLServerで引数の順序を考慮せずに呼び出せるストアドプロシジャを作る

引数の順序を考慮せずに呼び出せるストアドプロシジャ ストアドプロシジャを呼び出す際に、引数が多いも

記事を読む

SQL Server2008で導入された[date/time/datetime2/datetimeoffset]型

SQL Server2008では新しい日付/時刻データ型 date/time/datetime2/

記事を読む

SQLで順位を取得するRANK()とDENSE_RANK()

SQLで順位を取得する SQLServerで項目の順位付け関数を利用して 順位をします。

記事を読む

SQLで前の行と同じ値は表示しないようにする

前の行と同じ値は表示しない SQLで前の行と同じ値は表示しないように

ISNULLとCOALESCEは動作が異なる

ISNULLとCOALESCEは動作が異なるので注意が必要 とある人

指定した列名がどのテーブルで使用されているか検索するSQL

指定した列名を利用しているテーブルを検索 SQLServerで指定し

SQLServerでテーブルの存在を確認する

データベース内のテーブル情報をから存在を確認する プログラムで動的に

SQLサーバ
1行のINSERT文で複数のデータを挿入する方法

1行のInsertで複数件のデータ挿入 これまでは1行INSERT文

→もっと見る



PAGE TOP ↑