SQL Server2008で導入された[date/time/datetime2/datetimeoffset]型

公開日: : 最終更新日:2013/02/28 SQL Server , , , , , , , , ,

SQL Server2008では新しい日付/時刻データ型
date/time/datetime2/datetimeoffsetが
追加されているようなのでちょこっとメモしておきます。

SQL Server のデータ型 説明
date dateデータ型は、01年1月1日から
9999年12月3日の範囲を
1日の精度で表すことができます。
既定値は1900年1月1日です。
記憶領域のサイズは3バイトです。
time timeデータ型は、24 時間形式で
時刻値のみを格納します。
time データ型は、00:00:00.0000000から
23:59:59.9999999 の範囲を100ナノ秒の精度で
表すことができます。
既定値は 00:00:00.0000000(午前0時)です。
timeデータ型はユーザー定義による1秒未満の
時間の有効桁数をサポートし、
記憶領域のサイズは、指定された
有効桁数に応じて3バイト~6バイトになります。
datetime2 datetime2データ型は、date型とtime型の
範囲および有効桁数を単一のデータ型として
組み合わせたものです。
既定値および文字列リテラルの形式は、
date型およびtime 型で定義されているものと
同じです。
datetimeoffset datetimeoffsetデータ型は、datetime2の
すべての機能に加えて、タイムゾーンオフセットを
持ちます。
タイム ゾーン オフセットは、[+|-] HH:MMとして
表されます。
HHは、タイムゾーンオフセットの時間数を表す
00~14の2桁の数字です。
MMは、タイムゾーンオフセットの付加的な
分数を表す0~59の2桁の数字です。
時刻の精度は100ナノ秒までサポートされます。
必須の+記号または-記号は、ローカル時刻を
取得する際、UTC (協定世界時または
グリニッジ標準時) を基準として
タイムゾーンオフセットを加算するか、
減算するかを示します。

SQLで確認してみます。

実行結果は以下です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 14 follow us in feedly

関連記事

SQLServer

SQLServerで取得した値を3ケタずつのカンマ区切りの表示に変更する方法です

SQLServerで取得した値を3ケタずつのカンマ区切りの表示に変更する方法です。 3ケタずつ

記事を読む

no-img

SQLで当月の第何週目の何曜日か取得する

SQLで今日は第何週、何曜日か取得する SQLServerでは関数で今日は当月の第何週目か取得する

記事を読む

no-img

複数のストアドプロシージャ (stored procedure) でローカルテンポラリテーブルを共有する

ローカルテンポラリテーブルを共有する 先日来より悩んでいたSQLServerでの SQL

記事を読む

a0001_013635

SQLServerのテーブルロック状態を取得するSQL

SQLServerのデッドロックを調査している中で ロックの状態を調べるSQLがあることが 判明

記事を読む

no-img

SQLServerではTRIM関数がありません

SQLServerでは空白を取り除くTRIM関数がない SQLServerではOracleやMyS

記事を読む

SQLServer

SQLServerでトリガーを扱ってみる

INSERT、UPADTE、DELETEトリガーを扱ってみる SQLServerにはテーブルに対し

記事を読む

keybord_black

SQLServerでカンマ区切り (CSV) で文字列取得

SQLの取得結果をカンマ区切りで取得 Where句のINにSQLで取得した結果を直接利用したり

記事を読む

no-img

ISNULLとCOALESCEは動作が異なる

ISNULLとCOALESCEは動作が異なるので注意が必要 とある人が作成したSQLを見ているとC

記事を読む

no-img

SQLでCASE~WHENを使ってみる(2)

CASE~WHENはSQLでCASE~WHENを使ってみるとは別に WHENの後に評価させる式を書

記事を読む

a0001_013635

SQLで文字列を反転させる

SQLで文字列を反転させる SQLで文字列を"012345"を後ろから並び変えて"543210"の

記事を読む

no-img
SQLでCASE~WHENを使ってみる(2)

CASE~WHENはSQLでCASE~WHENを使ってみるとは別に

keybord_black
@@ROWCOUNTで処理した件数を取得する

@@ROWCOUNTは直前に処理した件数を取得するための関数 SQL

no-img
SQLServerでテーブルの存在を確認する

データベース内のテーブル情報をから存在を確認する プログラムで動的に

SQLServer
SQLServerで累積値(累積比)を求める

SQLServerで累積値(累積比)を求める SQLServer

no-img
「INNER JOIN」「LEFT OUTER JOIN」「RIGHT OUTER JOIN」「FULL OUTER JOIN」についてまとめ

SQLで良く使うJOINについて SQLでよく使う「INNER

→もっと見る



PAGE TOP ↑