SQLで存在しない行を生成し固定行数で処理したい時に役立つ方法

公開日: : SQL Server , ,

帳票データなどで登録されているデータ数に左右されず、
固定行数でデータを取得したい場合があります。

SQLで存在しない行を取得する方法

キー内で複数行のデータを管理しているデータから固定の行数分
情報を作り出して取得するSQLです。

全キー5行のデータとして取得する

まずは、各キー内で異なる件数のデータを作成します。

実行結果は

になります。

これを固定にして存在しない行のデータを作り出して取得します。

実行結果は

になります。

これで各キーが5行ずつになって取得できました。
どうしても固定行数で処理したい時に役立つと思います。

「WHERE seq_tbl.インデックス < 5」の「5」の数字を 変更することで固定行の行数を変更できます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 14 follow us in feedly

関連記事

keybord_black

SQLServerでカンマ区切り (CSV) で文字列取得

SQLの取得結果をカンマ区切りで取得 Where句のINにSQLで取得した結果を直接利用したり

記事を読む

calender

指定された月の日数をSQLで求める

指定された月の日数をSQLで求める SQLServerには該当月の日数を求める関数がないので

記事を読む

no-img

DEFAULT制約付きのカラムの属性を変更する

DEFAULT制約付きのカラムの属性を変更する SQLServerでDEFAULT制約付きのカラム

記事を読む

no-img

Transact-SQLで日本語を(2バイト文字)を含むデータの扱い

Transact-SQLで日本語を(2バイト文字)を含むデータをそのままSUBSTRING()すると

記事を読む

SQLServer

SQLServerで「WITH ROLLUP」を使って小計、総合計を出力する

「WITH ROLLUP」を使って小計、総合計を出力 SQLServerでは「WITH ROLLU

記事を読む

a0001_013635

SQLで改行コードを含む項目を取得する

SQLで改行コードを含む項目を検索する Microsoft SQL Server Managemn

記事を読む

no-img

再帰SQLで歯抜けの日付データを取得する

再帰SQLを使って歯抜けの日付データを取得 処理が自動実行(バッチ処理)で実行された日付を管理して

記事を読む

keybord_black

テーブル型を戻り値とする関数の作成方法

SQLServerでテーブル型を戻り値とする関数を作る SQLServerではINT型やVARCH

記事を読む

no-img

SQLServerでsp_renameを使ってテーブルの列名を変更する

SQLServerで列名を変更するには sp_renameを使って列名を変更 SQLServ

記事を読む

no-img

SQLServerで自動で連番を設定する

カラムに自動で連番を設定する 自動で連番を設定し、レコードを管理する場合に 重宝するカラムの属性

記事を読む

no-img
sp_columns – SQL Serverでカラムの型を取得する

SQL Serverで定義されているテーブルのカラムの型を取得する

no-img
SQLServer上にあるテーブルの更新日時を取得する。

テーブルの更新日時を取得 SQLServer上にあるストアドプロシー

keybord_black
春分の日と秋分の日をSQLで求める計算式

春分の日と秋分の日は毎年違う 春分の日と秋分の日は 祝日として

SQLServer
SQLServerでトリガーを扱ってみる

INSERT、UPADTE、DELETEトリガーを扱ってみる SQL

SQLServer
SQLServerでストアドプロシージャ名を取得する

SQLServerでストアドプロシージャ名を取得する ストアドプ

→もっと見る



PAGE TOP ↑