呼び出したストアドプロシジャーの戻り値を使用する

呼び出したストアドプロシジャーの戻り値を使用する

処理の構成上、ストアドプロシジャーから他のストアドプロシジャーを
呼び出してその処理結果を使用したい場合が発生します。
そんな時に役立つテクニックです。

呼び出されるストアドプロシジャーを作成する

まず、呼び出される側のストアドプロシジャーを作成します。
内容を簡単にするために与えられた引数と、それに+1だけする
結果を返すストアドにします。

このストアドプロシジャーを呼び出すと

結果は

となります。

ストアドプロシジャーの実行結果を呼び出し側で利用する

今度はこの「test_called_proc @num=20」の実行結果の値を使って
新しい処理結果を作成します。
呼び出したストアドプロシジャーの実行結果を利用するには
テンポラリテーブルを作ってその中に呼び出したストアドプロシジャーの
実行結果を保存して使用します。

上記の実行結果は

となりストアドプロシジャーの実行結果を呼び出した側で
使用することができました。

注意事項

作成するテンポラリテーブルの構成は呼び出すストアドプロシジャーが
返す列の数、属性が一致している必要があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 13 follow us in feedly

関連記事

@@ROWCOUNTで処理した件数を取得する

@@ROWCOUNTは直前に処理した件数を取得するための関数 SQLServerでは実行したSQL

記事を読む

SQLで当月の第何週目の何曜日か取得する

SQLで今日は第何週、何曜日か取得する SQLServerでは関数で今日は当月の第何週目か取得する

記事を読む

SQLで日付範囲の重複をチェックする

SQLで日付範囲の重複をチェックする SQLで日付範囲の重複をチェックする必要が出たので調査しまし

記事を読む

SQLServerのエラーコード一覧

SQLServerで発生するエラーコードとその内容を表にしてみました。 量が多いので別のサイトに分

記事を読む

テーブルにユニークインデックス(UNIQUE INDEX)を作成する

テーブルにユニークインデックス(UNIQUE INDEX)を作成 すでに作成したテーブルにユニ

記事を読む

SQLServer

テーブルに設定されているインデックスをSQLで検索する

テーブルに設定されているインデックスをSQLで検索 SQLServerでテーブルに設定されてい

記事を読む

NULLの検索はIS NULL演算子を使う

SQLでNULLのカラムを検索 SQLでNULLのカラムを検索するにはIS NULL 演算子を

記事を読む

集計関数COUNT()でのNULLの扱い

集計関数COUNT()でのNULLの扱いは注意が必要 集計関数のCOUNT()は条件にマッチす

記事を読む

SQL Server のファイルサイズを圧縮する

データベースファイルのサイズを圧縮する データベースファイル(.mdf)またはトランザクションログ

記事を読む

SQLで文字列を反転させる

SQLで文字列を反転させる SQLで文字列を"012345"を後ろから並び変えて"543210"の

記事を読む

SELECTした結果をランダムに並び変える

SQLでSELECTした結果をランダムに並び変えて表示する SQLS

SQLServer
テーブルに設定されているインデックスをSQLで検索する

テーブルに設定されているインデックスをSQLで検索 SQLSer

データベースに登録されている内容を固定長のファイルに出力する(1)

登録されている内容を固定長で出力 データベースに登録されている内容を

システム日付を取得する

様々な関数でコンピューターのシステム日付を取得する SQLServe

0で埋めで固定長のデータにする

0で埋めで固定長のデータにする データべース内のデータを0埋めして取

→もっと見る



PAGE TOP ↑