呼び出したストアドプロシジャーの戻り値を使用する

呼び出したストアドプロシジャーの戻り値を使用する

処理の構成上、ストアドプロシジャーから他のストアドプロシジャーを
呼び出してその処理結果を使用したい場合が発生します。
そんな時に役立つテクニックです。

呼び出されるストアドプロシジャーを作成する

まず、呼び出される側のストアドプロシジャーを作成します。
内容を簡単にするために与えられた引数と、それに+1だけする
結果を返すストアドにします。

このストアドプロシジャーを呼び出すと

結果は

となります。

ストアドプロシジャーの実行結果を呼び出し側で利用する

今度はこの「test_called_proc @num=20」の実行結果の値を使って
新しい処理結果を作成します。
呼び出したストアドプロシジャーの実行結果を利用するには
テンポラリテーブルを作ってその中に呼び出したストアドプロシジャーの
実行結果を保存して使用します。

上記の実行結果は

となりストアドプロシジャーの実行結果を呼び出した側で
使用することができました。

注意事項

作成するテンポラリテーブルの構成は呼び出すストアドプロシジャーが
返す列の数、属性が一致している必要があります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 14 follow us in feedly

関連記事

no-img

ORDER BYでNULLのカラムを最後に表示

ORDER BYでNULLのカラムを最後に持ってくる SQLで何も考慮せずに「ORDER BY」す

記事を読む

keybord_black

SQLで存在しない行を生成し固定行数で処理したい時に役立つ方法

帳票データなどで登録されているデータ数に左右されず、 固定行数でデータを取得したい場合があります。

記事を読む

no-img

システム日付を取得する

様々な関数でコンピューターのシステム日付を取得する SQLServerのインスタンスを実行している

記事を読む

no-img

SQLServerで自動で連番を設定する

カラムに自動で連番を設定する 自動で連番を設定し、レコードを管理する場合に 重宝するカラムの属性

記事を読む

no-img

SQL Server-SQLでテーブル仕様書になるものネタを取ってみる

SQLでテーブル仕様書になるものネタを取ってみます。 これを実行すると [crayo

記事を読む

keybord_black

SQLで順位を取得するRANK()とDENSE_RANK()

SQLで順位を取得する SQLServerで項目の順位付け関数を利用して 順位をします。

記事を読む

no-img

SQLServerでテーブルの存在を確認する

データベース内のテーブル情報をから存在を確認する プログラムで動的にテーブルを作成したりする場合に

記事を読む

no-img

ストアドプロシジャ内で例外エラーが発生した行番号を取得する。

例外エラーが発生した行番号を取得する SQLServerのストアドプロシジャ内で例外エラーが発

記事を読む

no-img

sp_columns – SQL Serverでカラムの型を取得する

SQL Serverで定義されているテーブルのカラムの型を取得する SQL Serverで定義され

記事を読む

no-img

0で埋めで固定長のデータにする

0で埋めで固定長のデータにする データべース内のデータを0埋めして取得します。 RIGHT(

記事を読む

no-img
ORDER BYでNULLのカラムを最後に表示

ORDER BYでNULLのカラムを最後に持ってくる SQLで何も考

no-img
SQL Server のファイルサイズを圧縮する

データベースファイルのサイズを圧縮する データベースファイル(.md

no-img
0で埋めで固定長のデータにする

0で埋めで固定長のデータにする データべース内のデータを0埋めして取

no-img
再帰SQLで最大再帰数の指定

再帰SQLを実行すると最大再帰数に達してエラー 先日作成した日付を管

SQLServer
SQLServerでストアドプロシージャ名を取得する

SQLServerでストアドプロシージャ名を取得する ストアドプ

→もっと見る



PAGE TOP ↑