テーブルから列を削除する「ALTER TABLE テーブル名 DROP COLUMN 削除する列名」

公開日: : SQL Server , , ,

既存のテーブルから指定した列を削除する

既存のテーブルで不要になった列を削除する方法です。

ALTER TABLEを使って列を削除する

列を削除するには「ALTER TABLE」を使って削除します。

形式は

です。

実際にテーブルを作成し、データを挿入します。

上記の実行結果は

次にage列を削除してSELECTしてみます。

上記の実行結果は

でage列が削除されていることがわかります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 13 follow us in feedly

関連記事

SQLServerでSQLを使ってテーブルのカラム名(項目名)を取得する

SQLでテーブルのカラム名(項目名)を取得 Oracleでは とわりと簡単に取得できるの

記事を読む

「INNER JOIN」「LEFT OUTER JOIN」「RIGHT OUTER JOIN」「FULL OUTER JOIN」についてまとめ

SQLで良く使うJOINについて SQLでよく使う「INNER JOIN」「LEFT OUTE

記事を読む

SQLServerで作ったテンポラリテーブルが見つからず無効になってしまう

SQLServerでテンポラリテーブルを利用して処理を行う時に 「オブジェクト名 '#tmp_ta

記事を読む

SQLで文字列を反転させる

SQLで文字列を反転させる SQLで文字列を"012345"を後ろから並び変えて"543210"の

記事を読む

SQL Server-登録されているストアドプロシジャーの一覧を取得する

データベースに登録されているストアドプロシジャーの 一覧を取得します。

記事を読む

SQLでビット演算を行う

SQLServerでのビット演算 SQLServerのT-SQLでビット演算を使って、該当のデータ

記事を読む

GROUP BYとHAVINGで最新日付データを取得する

GROUP BYとHAVINGで最新日付データを取得する 社員マスタなどで最新のレコードのみを取得

記事を読む

SQLServerでTrue,FalseのようなBoolean型をあつかう

SQLServerでBoolean型を扱う SQLServerには「Boolean」という型は

記事を読む

データベースに登録されている内容を固定長の長さで出力する(2)

登録されている内容を固定長の長さで出力する 先日作成したデータベースに登録されている内容を固定長の

記事を読む

SQLサーバ

1行のINSERT文で複数のデータを挿入する方法

1行のInsertで複数件のデータ挿入 これまでは1行INSERT文では1行のデータしか挿入できま

記事を読む

データベースに登録されている内容を固定長の長さで出力する(2)

登録されている内容を固定長の長さで出力する 先日作成したデータベース

呼び出したストアドプロシジャーの戻り値を使用する

呼び出したストアドプロシジャーの戻り値を使用する 処理の構成上、スト

既に存在するテーブルに他のテーブルからデータをINSERTする方法

テーブルからテーブルへデータコピー 以前の投稿SELECT INTO

ALTER TABLEでカラムの属性を変更する

ALTER TABLEでカラムの属性を変更する すでに作成されている

ISNULL()関数を使ってSQLでIF文を使わずに条件を分岐する

ISNULLをIF文の代わりに使ってみる SQLでIFを書けばWHE

→もっと見る



PAGE TOP ↑