ユーザー定義テーブル型変数を使用する

ユーザー定義テーブル型を使ってみる

SQLServer 2008には、テーブル構造の定義を表す
「ユーザー定義テーブル型」というものがあります。

ユーザー定義テーブル型の宣言

ユーザー定義テーブル型の宣言は「CREATE TYPEステートメント」を
使用します。
以下の例では「make_user_type」という名前のユーザー定義テーブル型を
宣言しています。

ユーザー定義テーブル型の使用方法

宣言を完了すると通常のデータ型と同じように使用できます。

これで「make_user_type型」の「@user_data_type_tbl」という変数が
使用できます。

以下が使用例です。

no name age
1 太郎さん 15
2 次郎さん 18
3 三郎さん 20
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 13 follow us in feedly

関連記事

SQLServerのテーブルロック状態を取得するSQL

SQLServerのデッドロックを調査している中で ロックの状態を調べるSQLがあることが 判明

記事を読む

Transact-SQLで日本語を(2バイト文字)を含むデータの扱い

Transact-SQLで日本語を(2バイト文字)を含むデータをそのままSUBSTRING()すると

記事を読む

SQLServerのバージョン番号を取得する方法

SQLServerのバージョン番号を取得する SQLServerのバージョン番号は「@@VERSI

記事を読む

複数のストアドプロシージャ (stored procedure) でローカルテンポラリテーブルを共有する

ローカルテンポラリテーブルを共有する 先日来より悩んでいたSQLServerでの SQL

記事を読む

SELECTでUNIONは複数個使える

SELECTでの複数のUNIONの使い方 SELECTでUNIONは複数個、連続して使えるようです

記事を読む

@@ROWCOUNTで処理した件数を取得する

@@ROWCOUNTは直前に処理した件数を取得するための関数 SQLServerでは実行したSQL

記事を読む

SQL Server-ストアドプロシジャーのソースを表示する1

ストアドプロシジャーのソースを表示します。

記事を読む

GROUP BYとHAVINGで最新日付データを取得する

GROUP BYとHAVINGで最新日付データを取得する 社員マスタなどで最新のレコードのみを取得

記事を読む

CASE WHEN を使って条件ごとの件数を取得する

CASE WHEN を使って条件ごとの件数を取得する あるテーブルに状態を表すフラグを持たせること

記事を読む

ALTER TABLE ADDでテーブルにカラムを追加する

SQL Serverでテーブルにカラムする SQL Serverでテーブルにカラムを追加します。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

SQLで西暦から和暦変換を行う

SQLを使って西暦から和暦変換を行う SQLServerには西暦

SQLServer
SQLServerで「WITH ROLLUP」を使って小計、総合計を出力する

「WITH ROLLUP」を使って小計、総合計を出力 SQLServ

ALTER TABLE ADDでテーブルにカラムを追加する

SQL Serverでテーブルにカラムする SQL Serverでテ

SQLServer
SQLServerで累積値(累積比)を求める

SQLServerで累積値(累積比)を求める SQLServer

SQLを使っていろいろなやり方で年月を抜き出す

いろいろなやり方で年月を抜き出す 数値で年月を管理しているテーブルに

→もっと見る



PAGE TOP ↑