ORDER BYでNULLのカラムを最後に表示

公開日: : 最終更新日:2013/12/10 SQL Server , ,

ORDER BYでNULLのカラムを最後に持ってくる

SQLで何も考慮せずに「ORDER BY」するとNULLのカラムは先頭に表示されます。

NULLの行は先頭に表示されるパターン

name age
次郎 NULL
一郎 10
三郎 30

NULLの行は最後に表示されるパターン

NULLを最後に持っていくには「CASE WHEN」を使って一工夫します。

name age
一郎 10
三郎 30
次郎 NULL

「CASE WHEN」でNULLの行を「1」に変換し、NULL以外を「0」に変換します。
これでNULLの行は後ろに行くのであとは当初の目的の
「age」でソートすれば欲しい結果を取得することができます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 14 follow us in feedly

関連記事

no-img

SQLServerでsp_renameを使ってテーブルの列名を変更する

SQLServerで列名を変更するには sp_renameを使って列名を変更 SQLServ

記事を読む

no-img

SQLで文字列を3分割する

SQLで文字列を3分割する どうしてもSQLServerで特定の文字で文字列を3分割する必要が

記事を読む

no-img

SELECTでUNIONは複数個使える

SELECTでの複数のUNIONの使い方 SELECTでUNIONは複数個、連続して使えるようです

記事を読む

a0001_013635

SQLで改行コードを含む項目を取得する

SQLで改行コードを含む項目を検索する Microsoft SQL Server Managemn

記事を読む

a0001_013635

呼び出したストアドプロシジャーの戻り値を使用する

呼び出したストアドプロシジャーの戻り値を使用する 処理の構成上、ストアドプロシジャーから他のストア

記事を読む

no-img

SQLで日付範囲の重複をチェックする

SQLで日付範囲の重複をチェックする SQLで日付範囲の重複をチェックする必要が出たので調査しまし

記事を読む

SQLサーバ

連番中で 「歯抜け」の番号を見つけ出すSQL

テーブル内の連番の歯抜け番号を探す よくある処理でテーブルに設定されている連番の中で 「歯抜け」

記事を読む

no-img

SQL Server2008で導入された[date/time/datetime2/datetimeoffset]型

SQL Server2008では新しい日付/時刻データ型 date/time/datetime2/

記事を読む

no-img

sp_columns – SQL Serverでカラムの型を取得する

SQL Serverで定義されているテーブルのカラムの型を取得する SQL Serverで定義され

記事を読む

no-img

SQL Server-ストアドプロシジャーのソースを表示する2

過去の投稿「SQL Server-ストアドプロシジャーのソースを表示する1」で示した方法では 1つ

記事を読む

SQLServer
SQLServerでトリガーを扱ってみる

INSERT、UPADTE、DELETEトリガーを扱ってみる SQL

no-img
ISNULL()関数を使ってSQLでIF文を使わずに条件を分岐する

ISNULLをIF文の代わりに使ってみる SQLでIFを書けばWHE

no-img
SELECTした結果をランダムに並び変える

SQLでSELECTした結果をランダムに並び変えて表示する SQLS

no-img
ALTER TABLEのALTER COLUMNで「列 ‘xxxxx’ に依存しています」とエラーになる

ALTER COLUMNで「列 'xxxxx' に依存しています」とエ

no-img
ユーザー定義テーブル型変数を使用する

ユーザー定義テーブル型を使ってみる SQLServer 2008には

→もっと見る



PAGE TOP ↑