SQLで月曜日始まりのカレンダー作成

公開日: : 最終更新日:2013/12/10 SQL Server , , ,

カレンダー作成

SQLServerで月曜日始まりの1週間分のカレンダーを作成します。

実行するSQL

実行するSQLは以下のものです。

1行目で当日(GETDATE())の含まれる最初の月曜日をDATEPART()関数を使って求めます。
その後取得した月曜日の日付を使って再帰SQLで1週間分の日付を求めます。

実行結果

実行した結果は

calender
08/26(月)
08/27(火)
08/28(水)
08/29(木)
08/30(金)
08/31(土)
09/01(日)

です。

日曜日始まりのカレンダーにするには

1行目の
「-1 * DATEPART( weekday, GETDATE() ) + 2」

「-1 * DATEPART( weekday, GETDATE() ) + 1」
に変えると日曜日始まりの1週間が取得できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 13 follow us in feedly

関連記事

SQLサーバ

SQLServerでROW_NUMBER()を使って連番を採番する

ROW_NUMBER()で連番を取得する SQLServerでROW_NUMBER()関数を使うと

記事を読む

ALTER TABLEで既存のテーブルのプライマリーキー(主キー)を変更する

ALTER TABLEで既存のテーブルのプライマリーキー(主キー)を変更する ALTER TA

記事を読む

@@ROWCOUNTで処理した件数を取得する

@@ROWCOUNTは直前に処理した件数を取得するための関数 SQLServerでは実行したSQL

記事を読む

GROUP BYとHAVINGで最新日付データを取得する

GROUP BYとHAVINGで最新日付データを取得する 社員マスタなどで最新のレコードのみを取得

記事を読む

sp_pkeys – SQL Serverでテーブルのプライマリキーを取得する

sp_pkeysを使ってSQL Serverでテーブルのプライマリキーを取得します。

記事を読む

「INNER JOIN」「LEFT OUTER JOIN」「RIGHT OUTER JOIN」「FULL OUTER JOIN」についてまとめ

SQLで良く使うJOINについて SQLでよく使う「INNER JOIN」「LEFT OUTE

記事を読む

SQLServerのエラーコード一覧

SQLServerで発生するエラーコードとその内容を表にしてみました。 量が多いので別のサイトに分

記事を読む

データベースに登録されている内容を固定長のファイルに出力する(1)

登録されている内容を固定長で出力 データベースに登録されている内容を固定長のファイルに 出力する

記事を読む

再帰SQLで歯抜けの日付データを取得する

再帰SQLを使って歯抜けの日付データを取得 処理が自動実行(バッチ処理)で実行された日付を管理して

記事を読む

呼び出したストアドプロシジャーの戻り値を使用する

呼び出したストアドプロシジャーの戻り値を使用する 処理の構成上、ストアドプロシジャーから他のストア

記事を読む

SQLServerでホスト名を取得する

SQLServerが動作しているホスト(サーバ)名取得 SQLSer

SQLServerのSQL_VARIANT_PROPERTYを使ってカラムの基本データ型を取得する

このページはSQL_VARIANT_PROPERTYを使ってカラムの基

「INNER JOIN」「LEFT OUTER JOIN」「RIGHT OUTER JOIN」「FULL OUTER JOIN」についてまとめ

SQLで良く使うJOINについて SQLでよく使う「INNER

SQLServerのバージョン番号を取得する方法

SQLServerのバージョン番号を取得する SQLServerのバ

SQLServerで自動で連番を設定する

カラムに自動で連番を設定する 自動で連番を設定し、レコードを管理する

→もっと見る



PAGE TOP ↑