SQLServerで自動で連番を設定する

公開日: : 最終更新日:2013/12/10 SQL Server , ,

カラムに自動で連番を設定する

自動で連番を設定し、レコードを管理する場合に
重宝するカラムの属性です。

カラムの属性に「IDENTITY」を指定

SQLServerでカラムに自動で連番を設定するには
カラムの属性に「IDENTITY」を指定します。
指定方法は

です。

実際にはCREATE TABLEでテーブルを作成するタイミングで指定します。

実行結果は

no name
1 太郎さん
3 次郎さん
5 三郎さん

です。

ただし「IDENTITY」は「float」、「real」の実数型や
「money」、「smallmoney」では指定することはできません。

「IDENTITY」には値を指定してINSERTできない

「IDENTITY」には値を指定してINSERTすることはできません。

の実行結果は

になります。

指定したい場合は「identity_insert」をONに

指定したい場合は「identity_insert」という値を
ONにすると設定できるようになります。
(実際には自動でないので「IDENTITY」の意味がないですが。)

実行結果は

no name
1 太郎さん
3 次郎さん
5 三郎さん

です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 13 follow us in feedly

関連記事

SQLServerでカンマ区切り (CSV) で文字列取得

SQLの取得結果をカンマ区切りで取得 Where句のINにSQLで取得した結果を直接利用したり

記事を読む

ユーザー定義テーブル型変数を使用する

ユーザー定義テーブル型を使ってみる SQLServer 2008には、テーブル構造の定義を表す

記事を読む

SQLServer

SQLServerで「WITH ROLLUP」を使って小計、総合計を出力する

「WITH ROLLUP」を使って小計、総合計を出力 SQLServerでは「WITH ROLLU

記事を読む

システム日付を取得する

様々な関数でコンピューターのシステム日付を取得する SQLServerのインスタンスを実行している

記事を読む

SQLServer

SQLServerで引数の順序を考慮せずに呼び出せるストアドプロシジャを作る

引数の順序を考慮せずに呼び出せるストアドプロシジャ ストアドプロシジャを呼び出す際に、引数が多いも

記事を読む

SELECTでUNIONは複数個使える

SELECTでの複数のUNIONの使い方 SELECTでUNIONは複数個、連続して使えるようです

記事を読む

SQLServerのエラーコードを取得するSQL

SQLServerで発生するエラーコードをSQLで取得する SQLServerで発生したエラーコー

記事を読む

ISNULLとCOALESCEは動作が異なる

ISNULLとCOALESCEは動作が異なるので注意が必要 とある人が作成したSQLを見ているとC

記事を読む

SQLServerでSQLを使ってテーブルのカラム名(項目名)を取得する

SQLでテーブルのカラム名(項目名)を取得 Oracleでは とわりと簡単に取得できるの

記事を読む

SQLServerではTRIM関数がありません

SQLServerでは空白を取り除くTRIM関数がない SQLServerではOracleやMyS

記事を読む

日付の重複をSQLで検索する

SQLを使って期間の重複を見つけ出す SQLを使って、開始日付、終了

SQLで西暦から和暦変換を行う

SQLを使って西暦から和暦変換を行う SQLServerには西暦

SQLで指定月のカレンダー作成

ストアドプロシージャでカレンダーを作成する SQLServerでスト

「INNER JOIN」「LEFT OUTER JOIN」「RIGHT OUTER JOIN」「FULL OUTER JOIN」についてまとめ

SQLで良く使うJOINについて SQLでよく使う「INNER

再帰SQLで最大再帰数の指定

再帰SQLを実行すると最大再帰数に達してエラー 先日作成した日付を管

→もっと見る



PAGE TOP ↑