既に存在するテーブルに他のテーブルからデータをINSERTする方法

公開日: : 最終更新日:2013/12/11 SQL Server , , , ,

テーブルからテーブルへデータコピー

以前の投稿SELECT INTOで既存テーブルのデータを新規テーブルにコピーするでは
新規にテーブルを自動作成してデータをコピーしましたが、
今回はSQLを使って既に存在するテーブルに他のテーブルからデータをINSERTする方法です。

実行するSQL

これでimport_tableが存在している場合でも正しくデータを
export_tableからコピーすることができます

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 13 follow us in feedly

関連記事

春分の日と秋分の日をSQLで求める計算式

春分の日と秋分の日は毎年違う 春分の日と秋分の日は 祝日としての春分の日・秋分の日は、 前

記事を読む

SQLServer

テーブルに設定されているインデックスをSQLで検索する

テーブルに設定されているインデックスをSQLで検索 SQLServerでテーブルに設定されてい

記事を読む

GROUP BYとHAVINGで最新日付データを取得する

GROUP BYとHAVINGで最新日付データを取得する 社員マスタなどで最新のレコードのみを取得

記事を読む

再帰SQLで歯抜けの日付データを取得する

再帰SQLを使って歯抜けの日付データを取得 処理が自動実行(バッチ処理)で実行された日付を管理して

記事を読む

SQL_VARIANT_PROPERTYを使ってカラムの基本データ型を取得する

カラムの基本データ型取得 SQLサーバーで定義されているテーブルのカラムの 基本データを取得しま

記事を読む

SQLServerでカンマ区切り (CSV) で文字列取得

SQLの取得結果をカンマ区切りで取得 Where句のINにSQLで取得した結果を直接利用したり

記事を読む

SQLで存在しない行を生成し固定行数で処理したい時に役立つ方法

帳票データなどで登録されているデータ数に左右されず、 固定行数でデータを取得したい場合があります。

記事を読む

SQLで西暦から和暦変換を行う

SQLを使って西暦から和暦変換を行う SQLServerには西暦和暦変換関数が無いようなので、

記事を読む

テーブル型を戻り値とする関数の作成方法

SQLServerでテーブル型を戻り値とする関数を作る SQLServerではINT型やVARCH

記事を読む

集計関数COUNT()でのNULLの扱い

集計関数COUNT()でのNULLの扱いは注意が必要 集計関数のCOUNT()は条件にマッチす

記事を読む

SQLで月曜日始まりのカレンダー作成

カレンダー作成 SQLServerで月曜日始まりの1週間分のカレンダ

列は既にデフォルトにバインドされています。

テーブルのカラムの属性変更でデフォルト値を変更する テーブルのカラム

CASE WHEN を使って条件ごとの件数を取得する

CASE WHEN を使って条件ごとの件数を取得する あるテーブルに

ALTER TABLEでカラムの属性を変更する

ALTER TABLEでカラムの属性を変更する すでに作成されている

テーブルにユニークインデックス(UNIQUE INDEX)を作成する

テーブルにユニークインデックス(UNIQUE INDEX)を作成

→もっと見る



PAGE TOP ↑