ストアドプロシジャ内で例外エラーが発生した行番号を取得する。

公開日: : 最終更新日:2013/12/11 SQL Server , , ,

例外エラーが発生した行番号を取得する

SQLServerのストアドプロシジャ内で例外エラーが発生した行番号を取得します。

実行するSQL

例外エラーを取得するには以下のSQLを実行します。

実行結果は

これを使えばエラー発生時の原因解決もしやすくなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 13 follow us in feedly

関連記事

CASE WHEN を使って条件ごとの件数を取得する

CASE WHEN を使って条件ごとの件数を取得する あるテーブルに状態を表すフラグを持たせること

記事を読む

列は既にデフォルトにバインドされています。

テーブルのカラムの属性変更でデフォルト値を変更する テーブルのカラムの属性変更でデフォルト値を変更

記事を読む

テーブル型を戻り値とする関数の作成方法

SQLServerでテーブル型を戻り値とする関数を作る SQLServerではINT型やVARCH

記事を読む

SQLで指定された年月日の月末日付を取得する

指定された年月日の月末日付を取得 SQLserverには指定された年月日の月末日付を取得する関

記事を読む

SQLServer

GROUP BYとHAVINGを使ってデータの重複を探しだすSQL

GROUP BYとHAVINGで重複を探す SQLでGROUP BYとHAVINGを使ってデー

記事を読む

SQLで指定月のカレンダー作成

ストアドプロシージャでカレンダーを作成する SQLServerでストアドプロシージャ (store

記事を読む

ユーザー定義テーブル型変数を使用する

ユーザー定義テーブル型を使ってみる SQLServer 2008には、テーブル構造の定義を表す

記事を読む

SQLServerのSQL_VARIANT_PROPERTYを使ってカラムの基本データ型を取得する

このページはSQL_VARIANT_PROPERTYを使ってカラムの基本データ型を取得すると重複して

記事を読む

SQLServerでsp_renameを使ってテーブルの列名を変更する

SQLServerで列名を変更するには sp_renameを使って列名を変更 SQLServ

記事を読む

データベースに登録されている内容を固定長のファイルに出力する(1)

登録されている内容を固定長で出力 データベースに登録されている内容を固定長のファイルに 出力する

記事を読む

ALTER TABLE ADDでテーブルにカラムを追加する

SQL Serverでテーブルにカラムする SQL Serverでテ

SQLで日付範囲の重複をチェックする

SQLで日付範囲の重複をチェックする SQLで日付範囲の重複をチェッ

SQLを使っていろいろなやり方で年月を抜き出す

いろいろなやり方で年月を抜き出す 数値で年月を管理しているテーブルに

DATENAME関数を使って日付を取得する。

DATENAME関数を使って日付取得 SQLServerでDATEN

SQLServerで省略可能な引数を持ったストアドプロシージャを作る

SQLServerで省略可能な引数を持ったストアドプロシージャーを作り

→もっと見る



PAGE TOP ↑