「夢をかなえるゾウ」を今さらながら読んでみる

公開日: : 最終更新日:2014/02/27 ビジネス・自己啓発

久々に「夢をかなえるゾウ」を再読

以前に本屋で立ち読みしてた「夢をかなえるゾウ」。
文庫本になっているのを知ったので、購入して
今さらながら読んでみました。
IMG_0469
以前にテレビドラマでガネーシャを古田新太さんがやっている
のを見てました。

転職を考えている自分には心に突き刺さったかも

現在「転職」を悶々と妄想中。
でも実際にはこの歳で、しかも持病持ちでは、なかなか新しい
職場も見つかりそうにないので、実際には何か自分で
起業しなければならないのだろうと思いながら、
「夢をかなえるゾウ」を読んでいると
結構「ほぉ」と思う事があります。

「つまり、こういうことが言えるわな。
『ビジネスの得意なやつは、人の欲を満たすことが得意なやつ』てな。


これはビジネスの本質ですね。
誰かが欲しくなるものでないと売れない。

「自分らは、自分にサービスすることばっかり考えとるやろ。
自分のエゴや欲を満たすことしが考えとらんやろ。
でもな、もっと他人にサービスすること考えて、
そのことを自分の喜びにしてかんとあかんで。
『人の欲を満たすこと=自分の欲を満たすこと』
このガネーシャ方程式が体に染み込んでたら、あとはほっといても成功するで」


この『人の欲を満たすこと=自分の欲を満たすこと』に
はなかなか難しいのかもしれません。

「今から言うことは大事なことやから覚えときや。
人間が変わろう思ても変わられへん最も大きな原因は、
このことを理解してないからや。
ええか?『人間は意識を変えることはできない』んやで」



「本気で変わろ思たら、意識を変えようとしたらあかん。
意識やのうて『具体的な何か』を変えなあかん。具体的な、何かをな」


これを肝に銘じて『具体的な何か』を変えて行きます。
(全然、本読んで行動に移せてないですね。)


この本若い人にもおすすめです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 14 follow us in feedly

関連記事

no-img

「上から目線」の構造

「上から目線」の構造 (日経プレミアシリーズ)

記事を読む

no-img
「上から目線」の構造

「上から目線」の構造 (日経プレミアシリーズ)

→もっと見る



PAGE TOP ↑